【第1話から全話まで】『ヴィンランド・サガ』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『ヴィンランド・サガ』見逃し動画無料フル視聴


【放送情報】はコチラ

2019年77日(日)24:10より
NHK総合にて放送中

※関西地方は24:45より ※放送日時は変更になる可能性がございます

視聴リンク

見逃し動画リンク

■Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信中!

AmazonPrimeVideo

 

<検索・動画共有サイト>
YouTube Dailymotion ひまわり

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

『ヴィンランド・サガ』詳細

■イントロダクション

千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の集団

” ヴァイキング ”

最強と謳われた戦士の息子トルフィンは、幼くして戦場を生き場所とし、
幻の大陸”ヴィンランド”を目指す――

激動の時代で巻き起こる、本当の戦士の物語。

キャスト トルフィン/石上静香
トルフィン/上村祐翔
トールズ/松田健一郎
アシェラッド/内田直哉
クヌート/小野賢章
トルケル/大塚明夫
ビョルン/安元洋貴
フローキ/斧アツシ
レイフ/上田燿司
ヘルガ/高梁碧
ユルヴァ/生天目仁美
ラグナル/浦山迅
ヴィリヴァルド/日野聡
アスゲード/竹内良太
スタッフ 原作/幸村誠
「ヴィンランド·サガ」(講談社『アフタヌーン』連載)
監督/籔田修平
シリーズ構成·脚本/瀬古浩司
脚本/猪原健太
オープニング・テーマ/Survive Said The Prophet
「MUKANJYO」
エンディング・テーマ/Aimer「Torches」
制作/WIT STUDIO
製作Produced/ヴィンランド·サガ製作委員会

■公式サイト・SNS
公式サイト Twitter

『ヴィンランド・サガ』のみどころ

30代女性
アニメ「ヴィンランド・サガ」のみどころは、主人公の復讐にあります。主人公はアシェラッドに父親を殺され、その復讐のためにアシェラッド兵団に入ります。父親を殺した憎い相手から戦い方を教わり、手下として働いているという部分が矛盾しているようですが、主人公トルフィンはまだ子供です。復讐が成し遂げられるくらいに力をつけた時、トルフィンがどのような決断を下すのか気になります。アシェラッドのほうも、自分を憎み復讐をしようと考えている人間に戦闘の技術や経験を積ませ、手下として近くに置いているのですから、なにを考えているのかわかりません。その謎もこの作品のみどころの1つです。アニメではどこまでやるか不明ですが、復讐という目的を失った主人公のその後についても描かれており、むしろそこからが本番という意見もあります。

視聴者の感想

『ヴィンランド・サガ』(第1クール最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
ゆっくりとした動き、そして緊迫した空気、ただ、トルケルからアシェラッドが逃げているのを描いているだけですが、アシェラッドとトルケルの知恵比べを見ているようでした。彼らは武人ですがどちらもただ切りあうだけの武人でないようです。

『ヴィンランド・サガ』(第1クール最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

40代男性
トルケル部隊からの逃亡がメインでこれまでにないぐらい地味な展開でした。要人であるクヌート殿下を連れていることもありアシェラッド隊は追い詰められていくのでした。この微妙な心理戦みたいなのは地味ながらも緊張感を生み出していたと思います。そしてアシェラッドの人脈により難を逃れるわけですが、個人的には好きなキャラクターではないですがすごい有能なキャラですね。今回はトルフィンので出番はほとんどありませんでしたが次回はそうとう活躍しそうです。

『ヴィンランド・サガ』(第1クール最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
トルケルとトルフィンの再会。自分の指を二本切り落とした相手であるにもかかわらず、懐かしき友に再会したかのような親しみやすさで声を掛けてくるトルケルに怖さを感じなくはない。それにしても、殿下は一言もしゃべらないな。

『ヴィンランド・サガ』(第1クール最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代男性
“幸村誠さんの漫画が大好きで、このヴィンランド・サガも読んでおり、それがアニメになるとのことですごく期待していました。
はじめの5話くらいまではアニメのタッチと声優に違和感があったがトルケルが出てきたあたりから面白くなってきた。”

『ヴィンランド・サガ』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
「最強の戦士トールズ」、先の戦闘でその首を討ち取ることがかなわなかった戦士、トルケルの口から出たことばがそれだった。彼はしてもトールズにかなわなかったという。その子供であるトルフィンはトルケルと出会って何を思ったのか。

『ヴィンランド・サガ』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
話しの転換点がやってきたような気がします。おそらくアシュラットは、これからあの王子を利用して彼の野望をかなえるために利用するのでしょう。それを実現させるためにはトルケルと戦い勝たなければならないはずですが、彼の頭のなかにはその勝算あるのでしょうか。

『ヴィンランド・サガ』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

40代男性
デンマーク人はこの時代キリスト教には完全に染まってなかったようですね。北欧神の信仰が残っていたのは創作としても興味深い所です。今回の戦闘シーンの見所はあまりなったですね。一方的に狩られる展開でしたので一番緊張感があったのはやはりトルケルとトルフィンが相対する所でした。再び刃を交えるとどうなるんだろうという期待感はあります。そして殿下が仮面を外した姿をアシュラント隊に見せましたが、これが運命の分かれ道のように感じます。

『ヴィンランド・サガ』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代女性
アイスライドで暮らすトルフィンという少年は、冒険に憧れ、広い世界に興味を持つ少年。トルフィンの父親トールズは、かつて強力な戦士だった。逃亡してきた奴隷を助けたことにより、戦士たちの歯車が回り出す。どうなってしまうのか、楽しみです。

『ヴィンランド・サガ』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
老いていくアシュラット、成長して力をつけていくトルフィン、彼らと対照されるように、民族の衝突と覇権の交代、このアニメは単純なアニメではなくおもしろい。最近の異世界転生ものとは違って硬派で?み応えのあるアニメです。

『ヴィンランド・サガ』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
挑発される第二王子の軍。しかし、クヌート殿下はキリスト教に心酔しているようで、何も動かない。彼は神父が読む聖書を聞き祈っている。ただそれだけ、そこへ敵軍が攻め、やられる。あの王子はただの無能の臆病ものなのか。

『ヴィンランド・サガ』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代男性
イングランドだってサクソン人が作ったものではなく、サクソン人が支配する前はイングランドはローマ人によって滅ぼされた。このような話しを持ち出すアシュラトという男はただのごろつきを束ねるお頭ではなく、相当な男だと思う。

『ヴィンランド・サガ』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代男性
戦闘がこう着状態になり相変わらずの略奪三昧のアシェラッド隊。いい加減飽き飽きしている状況の中状況は動きます。同様にこう着状態に痺れを切らしたトルケル部隊がクヌート王子の部隊を襲撃、トルケルの圧倒的な破壊力で王子を捕らえてしまいます。アシェラッド隊はこの状態を打破する好機と見てトルケルから王子を奪取することを決断。化け物のトルケルとアシェラッドの対決が次回見られます。

『ヴィンランド・サガ』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代女性
またトルケルが暴れておる。怪物だな、こいつは。久しぶりの幼少期トルフィン。こんなに素直でかわいかったのに、なんであんな極悪悪人面みたいな少年に育ってしまったのか。悪夢を見て、また復讐への心に火を点けるのか。いやだな。

『ヴィンランド・サガ』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
トルフィンの「いかれやろうどものが、戦の何がそんなにおもしれえんだ。」という台詞。彼の心の内をすべてこの一言でいい表しています。彼は、戦をしたいのではなく、彼の父のトールズを卑怯な手段を使って殺した男ややっつけたいから、このように言うのです。

『ヴィンランド・サガ』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
NHKという局は受信料等で何か多くの人の注目を浴びていますが、やはり、アニメといえども他の民放に比べると予算も潤沢にあるようで作画のでき、シナリオのこなし方が全く違います。つまり、テレビ放映でも劇場版レベルなのです。

『ヴィンランド・サガ』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

40代男性
“トルケルの豪快でつかみ所のない感じの演技は、大塚明夫さんのキャスティングが本当にはまり役だなと思いました。
トルフィンとトルケルの一対一の対決シーンは作画も凄くてめちゃくちゃ気合い入っていたので見入ってしまいましたね。”

『ヴィンランド・サガ』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代男性
デンマーク軍の猛攻をロンドン橋で一人食い止める男トルケル。傭兵としてデンマーク軍にもいたがイングランド軍のあまりの弱さにがっかりしあえてデンマーク軍と戦うことを選ぶ戦闘狂だ。アシュラントの命令で彼の首を狙うトルフィン。化け物としか言いようのないトルケルの怪力に、トルフィンは何とか喰らい付くが一度つかまればそれまで。トルフィンはボロボロにされます。この異様な一騎打ちは見ごたえがかなりあり今までの戦闘の中でも屈指のシーンでした。隙を突いて何とか逃げ延びたトルフィン。このまま引き下がるわけには行かないでしょう。

『ヴィンランド・サガ』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代女性
トルケルの首を取ってくるよう命じられたトルフィン。トルケルの手が大きくて巨人かなと思ってしまった。大岩を持ちあげて投げ飛ばすシーンでもやっぱり巨人だと思った。トルケルに負けてトルフィンは、アシェラッドの時とはまた違った感情を抱くのだ。

もっと感想を見る!

『ヴィンランド・サガ』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

40代男性
冬を向かえアシュラント率いるバイキング隊は根拠地に戻ってきました。トルフィンはそこで宿願のアシュラントとの決闘に望みます。これまでの幾多の実戦を乗り越えてきたトルフィン。実力は見違えましたがあまだまだ未熟なトルフィン。アシュラントの駆け引きに我を忘れ一瞬の隙を突かれ敗北していまうのでした。成長したトルフィンもまだ老獪なアシュラントには届かない。この事実を受け入れつつトルフィンは父の思いに浸るのでした。今回の決闘は地味ながらも今後のトルフィンの更なる成長を促す重要なシーンだったのではないでしょうか。

『ヴィンランド・サガ』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
アシェラッドたちの村に帰って来た。ここで冬を越すようだ。ヴァイキングの何人かが死んだっていうのに、だれもその死を悼まない。むしろ、新たな乗組員が募集されることになるだろうと喜んでいるくらいだ。死なんて日常茶飯事で特にそこまでなんとも思っていないのだろうな。

『ヴィンランド・サガ』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代男性
アシュラットにはトルフィンの力ではまだ足元にもおよばない。しかし、それが分かっていてもトルフィンはアシュラットと決闘し、父の敵をうとうとしている、つまり、トルフィンはまだ子供だ。トルフィンはこれから大人になれるのか。

『ヴィンランド・サガ』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代男性
カネの奴隷、人の奴隷、人間いつだって何かの奴隷。こんなことは語りつくされたことだけど、アシュラッドがあの場面でいうと妙な気が起きる。トルフィンは復讐しか考えていないはずだか、おとなしすぎるのには違和感がある。

『ヴィンランド・サガ』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代女性
アシェラッドとトルフィンの決闘のシーンがカッコよかったです。トルフィンのスピードとアシェラッドのテクニック、それぞれの特徴が見事に描かれていました。しかしさすがはアシェラッド、好きではありませんが狡猾な戦い方で確実に勝つのはすごいなと思います。

『ヴィンランド・サガ』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
トルフィンのジャンプ力がオリンピック出場選手もびっくりするくらいだとか、あの少ない人数で船を担いで山にのぼりとか、人間筋力を考えるとおかしなことがいっぱいのアニメなので、正直言って楽しめませんね。どうしてこうなってしまったのでしょうか。

『ヴィンランド・サガ』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
トルフィンのあの走り方ってさぁ、なんなんだよ。あんな走り方どこで覚えたんなよ。アニメだと「ナルト」の走り方だけど。ああいうわけ分からない走り方が漫画などのファンタジーものでは流行っているのかしらね。小学生でもあんな走り方しないから。

『ヴィンランド・サガ』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

40代男性
作中でトルフィンは少年として扱われていますが、青年編に入ったように思います。今後より面白くなりそうです。それにしてもバイキングの圧倒的な強さは災害レベルですね。銃の無い時代だと正面からは止められないでしょう。あまりの強さに恐怖します。無理矢理な感はありますが船を担いでの陸越えは圧巻でした。

『ヴィンランド・サガ』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

30代女性
アシェラッドと決闘をする権利を得るために、トルフィンはこれまでたくさんの人間を殺し、手柄を立ててきた。しかし、アシェラッドは約束を忘れたかのようにのらりくらりとしている。トルフィン、それはアシェラッドに良いように利用されているだけだぜ。

『ヴィンランド・サガ』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
トルフィンの小剣の腕前が上がるにつれて彼の表情も獣化している。正気では命のやり取りの戦場では生き残るにはあのような子供もろく繊細な心でいくことができないようだ。彼の心にいつ平穏がおとづれるのかは彼自身すら分からないようだ。

『ヴィンランド・サガ』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

40代男性
戦場に慣れていくにしたがって凶暴さを増していくトルフィン。バイキングとともに生きるのは非常に困難ですがそれでも父の仇をとるという目標のため必死に生きる姿は背筋が寒くなりました。生き残るにしたがって人を殺すことも躊躇わなくなって行くトルフィン。それでもまだ優しさは残っています。今後の展開でより厳しく強くなっていくトルフィンを見るのは複雑な気持ちです。

『ヴィンランド・サガ』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
父親を殺したヴァイキングの船に乗って、自らもヴァイキングになるトルフィン。初めて人を殺したことをきっかけに、次々と人を殺すようになる。目つきや人相が変わってきてしまった。イングランド人の母子に助けてもらったのに、結局は裏切ってしまうのだからトルフィンはもう家族みんなで暮らしていた頃の心を失くしてしまったのだろうかと思うとやるせない。

『ヴィンランド・サガ』(第5話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
父親を殺されて、その敵をとるためにトルフィンはそのままアシェラッドにとりついている。しかし、アシェラッドにトルフィンは決闘を申し込むが、それは決闘というよりも、ただトルフィンがけられただけだった。まだまだ、この物語りの序盤だけで、作画もよく久しぶりにいいアニメです。

『ヴィンランド・サガ』(第5話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

40代男性
ヴァイキング集団を残虐手段として描いた描写はNHKで放送していいのかと言うぐらいきつい物でした。ですが物語としては必要でしょう。アシェラッドを追い回すトルフィン。さすが「戦鬼(トロル)」の子。作中でもそう称されますが今後成長するとその名はより轟くのでしょうか。トルフィンの戦士としての成長が今後の見所ですが、戦士としてより海賊の風貌が強くなっているのが怖いと感じます。

『ヴィンランド・サガ』(第5話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
人間とは、かくも残酷な生き物なり。主人公・トルフィンはこのまま憎しみに捉われ続けたままで生きていくのだろうか。父親の死が伝えられても飄々としている姉上が強い。男よりも強いぞ。表向きかもしれないけれど。

20代男性
目の前で強靭で強い父親が弓矢に射掛けられ、今命を落とそうとしている場面で明らかにその父親の苦悩に満ちた表情も描写がいまいちでした。台詞周りも冗長で素材は非常にいいにもかかわらず、話が非常に浅く作られているので残念です。
30代女性
一貫して戦いを避けようとするトールズが、やむなく戦ったアシェラッドの兵団の誰一人も殺さなかったのがかっこよかったです。でも戦いには勝ったのに殺されてしまったのが悲しかったです。トルフィンの泣き叫ぶ顔が辛かったです。
30代女性
腕っぷしだけで敵をなぎ倒していくトールズ。掌底で相手の腕をへし折った時の表現がこれは痛い!というものだった。容赦なさすぎである。主人公、愚かにも相手を挑発するんじゃない。1対1での対戦時の動きがすごいのは勿論のこと、見やすいのもすごい。
30代女性
久々グッとくるアニメに出会えました。作画のクオリティの高さにスタッフの本気度が見えてきました。11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台に繰り広げられるヴァイキングのストーリーはまるで大河ドラマを見ている気分になりました。三話連続放送だったので少し驚きましたが、1.2話の穏やかなストーリーとは違い3話目は手に汗握る話で続きが気になりました。
20代男性
漫画もかっこいいけど、動画でも作画が綺麗なので迫力があって見応えがある。ただ、最初が良くても途中で作画が悪くなってしまってアニメも多いので、ぜひこのままこのクオリティで続けていってもらいたい。
20代女性
動いてるトルフィンかっこいいしかわいすぎるー!!ヴィンランド・サガ最高っ!!