【第1話から全話まで】アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『戦×恋(ヴァルラヴ)』見逃し動画無料フル視聴

2019年10月5日より放送開始!!

【☆放送情報☆】はコチラ

AT-X
10月5日毎週土曜日 23:00~
※リピート放送:毎週(日)22:30/毎週(火)15:00/
毎週(金)7:00

TOKYO MX
10月5日毎週土曜日 25:30~

サンテレビ
10月5日毎週土曜日 25:30~

BS1
10月5日毎週土曜日 25:30~

視聴リンク

「戦×恋(ヴァルラヴ)」は数多くのアニメ作品を配信しているVOD配信サービス「dアニメストア」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

「dアニメストア」では完全無料視聴が可能!!
初回31日間無料で、無料期間中に解約すれば本当に完全無料で利用が可能☆
解約金なども一切なし☆

↓お得な「dアニメストア」をさらに詳しく!【徹底解説記事】はコチラ↓

第1話 見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

dアニメストア
<配信情報>はコチラ

dアニメストア、dTV、GYAO! 
10月5日毎週土曜日 25:30~

※都合により放送日時は変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

<検索・動画共有サイト>
YouTube Dailymotion

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』詳細

■ストーリー

人類に迫りくる悪魔を迎え撃つ9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)
彼女らの原動力は1人の高校生との“恋”だった――――
「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、
上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。
一人の少女を助けたことをきっかけに、
悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)の恋人となって育て、
人間界を守ってほしいと頼まれる。

その方法は…
戦乙女と“恋”イチャイチャをすること!!

9人姉妹と恋人契約を結んだ拓真は彼女らと一つ屋根の下で暮らし、
様々な濃いミッションを乗り越え、彼女らを戦いへ導くことに…

恋が世界を救うことを証明せよ!

戦乙女ヴァルキリー、発動――

キャスト 亜久津 拓真:広瀬裕也
早乙女 七樹:本渡楓
早乙女 五夜 :加隈亜衣
早乙女 六海: 日高里菜
早乙女 一千花: 内山夕実
早乙女 二葉: 原 由実
早乙女 三沙: 清水彩香
早乙女 四乃: 逢田梨香子
早乙女 八雲: 河瀬茉希
早乙女 九瑠璃: 小岩井ことり
スー: 新田ひより
犬飼 透: 平川大輔
スクルド: 種﨑敦美
レスクヴァ: M・A・O
ウル: 福圓美里
スタッフ 原作/朝倉亮介
(連載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督/直谷たかし
音響監督/森下広人
音響制作/ダックスプロダクション
音楽/TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDComment
音響制作/エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作/フッズエンタテインメント
制作/「戦×恋」製作委員会

■公式サイト・SNS
公式サイト Twitter

『戦×恋(ヴァルラヴ)』のみどころはココ!!

20代男性
「戦×恋(ヴァルラヴ)」は少年ガンガンで連載中の人気作品をアニメ化したモノで、ガンガン史上最エロというから興味がそそられます。ちなみに物語の9人姉妹の戦乙女が人類に迫りくる悪魔と迎え撃つという設定で、そんな姉妹の原動力が1人の高校生との恋というドンデモストーリーです。その高校生はアクマというあだ名で強面の風貌から周囲に恐れられていますが、実は人と上手く関わることが出来ない孤独な少年です。そして1人の少女を助けたことで、戦乙女の恋人となり育てて、人間界を守って欲しいと頼まれる訳です。といっても世界を救う為にすることは戦乙女とイチャイチャすることというハーレム設定のアニメです。美少女が沢山出てくるし、設定上シリアス展開にはならないので楽しんで見れる作品と言えるでしょう。

視聴者からの感想!

〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』最終回 第12話〉
『恋する乙女』

拓真を恋人と認める戦恋に成功した一千花は、スクルドたちへの反撃を開始する。一方、拘束が解かれた七樹もエインヘリヤルとして覚醒した拓真にAPを回復してもらい参戦する。戦乙女たちの勢いに戦況が不利と判断したスクルドとレスクヴァは、これまで封じていたある作戦に打って出る。最終決戦の行方は如何に―。

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第12話)の動画を視聴したユーザーコメント

20代男性
最終回もすごかった。なつきさんチャリであんなで揉まれてチューの流れやらみささん大変そうですが触手感で大変えっちだったり気になっていたみささんくそかわいかったし最後は約束からの下着からのナレーションからのEDです、四乃さんのことについて深く掘り下げられてくるから2期来てくれないと困る。やっぱり声優さんが声当ててるって凄くキャラを感じられるから好きです。

40代男性
エロありグロありでとんでもない描写の最終回でしたが妥当な形で終わってほっとしました。拓真が男気を見せるようになっただけではなくキスぐらいならある程度平気になっているのは驚くべき成長ですね。敵勢力を退かせただけで”戦いはこれからだ”エンドですが大団円で終われたのはまずまずと言った所ではないでしょうか。

50代男性
あっという間に最終回になってしまったような気がします。それはきっとタクマが姉妹の中の一人だけと結ばれなかったからかもしれません。ハーレムものは得手してこのパターンが多いので、二期に期待するしかないのでしょうね。

20代男性
最終決戦がついに展開されました。白熱したバトルシーンでた主人公達の健闘に思わず歓喜してしまいました。戦乙女達の団結力と主人公の拓真と一千花の絆に大変心温まる話だと感じました。まさに締め括りにふさわしい話でした。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第11話〉
『認める乙女』

とうとう邪神派が亜久津家に攻撃をしかけて来た。
戦乙女たちは、戦力不足と判断し、戦女神(ノルン)の恋人のレスクヴァを襲撃することで、スクルドを無力化する作戦に挑むことに。
一千花の槍で奇襲するチャンスを作るため、二葉が必死に応戦するものの、限界が近づいていた。果たして邪神派の攻撃に打ち勝つことができるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント

50代男性
二葉姉さん回待ってました??!最初の風呂場でのヴァルラヴシーンはセクシーすぎて、目のやり場に困ってしまいました。バトルシーンに入ってからのコスチュームもカッコ良かったです。メガネ萌えでもあるので、ちょくちょく着けて出て欲しいですね!

30代女性
一千花や二葉が、妹たちを優先して自分のレベルを上げることを後回しにしていたように思います。二葉は、自分のAPが少ないために、強い師匠に弟子入りして肉弾戦でのスキルを鍛えた結果、女王と呼ばれるまでになったことに感動しました。優しい感じが溢れている女性ですが、芯の強い人なのだと思います。一千花が「恋人と認める」というヴァルラブに成功してこれからは拓真と良好な関係が保てるでしょうし、最後に拓真がヴァルキリーに変身してエインヘリアルとして覚醒したのが嬉しかったです。

40代男性
“悪魔のノルンの力には現状かなわない状況だが、作戦会議をおこなう。
拓真が軟弱ながら、自分が戦う事を話をする。
その為に、二葉と拓真はヴァルラヴをおこなう。
しかし、今の二葉では力不足であった。
ヴァルラヴするシーンは朝から見るシーンではないな。
おっさんには特に色々と堪える。”
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第10話〉
『酔う乙女』

見回り中に邪神派を捉えた一千花は、戦女神(ノルン)第三女スクルド、レスクヴァ、ガルムらと対峙することに。
予想外の一千花の強さに圧倒される邪神派の面々だったが、一瞬の隙をついて三体の悪魔を召喚することに成功する。
人間界での主神派VS邪神派の戦況が大きく動こうとしていた―。

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代女性
一千花とスクルドの対峙で、形勢逆転したにもかかわらず、スクルドたちが一旦引き下がった理由が今後の戦いのポイントになると思います。スクルドは、秘書のレスクヴァが息切れを起こしているのを見て、退散を決めました。ひょっとすると、一千花とスクルドが長い言い合いをしていたため、時間が経過してしまったことが原因かもしれません。つまり、レスクヴァは半神半人のスクルドとは異なる純血であるかもしれず、アースガルズでは長くは居られないのかもしれないと思いました。前は顔もよくわからなかった一千花ですが、最近は妹たちと一緒に住み始めてはっきり顔も見えて全体像がわかってきているので、拓真の家の中がより面白くなっていると思います。

20代男性
“今回も面白かったです
話も佳境にはいってきてどんどんもりあがってきました。
ノルンもかませかと思っていたのですが強い強い意外でした。
引きもよかったのでこれからの展開も気になりますね。
とにかく早く次回が見たくて仕方ありません。”
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第9話〉
『触る乙女と触られる乙女』

五夜と拓真で戦恋「痴漢から乙女を守る」を成功させるため、七樹が痴漢役として協力することに。
五夜の様々な場所を真剣に弄り続ける七樹。レベルアップのため、これに耐え続ける五夜だったが、我慢もいよいよ限界に。
人間恐怖症の拓真は、人口密度の高い電車へ乗り込み五夜を助け出すことができるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント

20代男性
タクマは昔に比べると打たれずよくなって耐久力もできているけど、このアニメがただタクマのハーレムアニメだということは変わりません。このアニメはヒロインが誰なのかはわからないけれど、結局タクマとヒロインたちがイチャイチャするのを楽しむアニメだよね。

20代男性
今週も素晴らしかった痴漢される五夜さんと超敏感肌の一千花お姉ちゃんの感じてる姿にとてもそそられましたね。七樹ちゃんが八雲ちゃんに責められてビクビクしてるのも興奮しましたよ長女は妹たちとエインヘリヤルをちゃんと見る長女力と戦闘力はあるんだけどまだヒロインとしては強くないと思います。

50代男性
七樹達のお姉さんの一千花が現れて、今回も拓真はめちゃくちゃ大変そうでしたね。でも痴漢撃退役はともかく、お風呂で洗いっこなんて、恋人として最高のシチュエーションを与えてもらってるのは羨ましいの一言に尽きます!

40代男性
エロさが売りのこのアニメどんどん過激になっていくようですね。拓真が一応9姉妹と会話だけは普通に出来るようになっているのは大いに進歩したといえるでしょう。戦×恋ミッションはくだらないですが成功も多くなり失敗することでの話の盛り上がりがなくなってしまったのは残念ですね。その分エロが強くなっていますが。今回は戦闘シーンなかったですが、次回は強くなった分派手な戦闘を期待します。

30代女性
一千花はいつも拓真のことを軟弱者と言って、妹たちの恋人として認めていなかったので、まさか今回拓真とヴァルラヴするために家にまで来るとは驚きました。レベルがまだ1なので、姉妹の中で一番拓真とヴァルラヴしなければならない立場のはずなのに、拓真をいじめて何かと文句を言って怒っているので、やっかいで面倒臭い長女だなと思います。二葉も次女でありながら、家事や妹たちの世話が大変で拓真とヴァルラヴする暇がなくレベルが低いので、上2人のレベルを何とかして上げなければならないと思います。今回は、一千花と拓真の「お風呂で洗いっこ」が一時はどうなることかと心配しましたが、なんとか成功してホッとしました。邪神派のスクルドがミッドガルズに来てレベルも52とあらば、これはヴァルキリーたちにとって手強くなりそうです。しかも、拓真の家に侵入する計画を立てているようなので、拓真は早く本を出せるように自分の能力コントロールができるようになってもらいたいです。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第8話〉
『強くする乙女』

オーディンからのオラクルにより、明日悪魔の襲撃が起こることを知った9姉妹と拓真は作戦会議をすることに。
九瑠璃が開発したタブレットで調べると、七樹は今の状態ではAP不足で戦乙女に変身できないことが判明。そこで今回の悪魔は六海と八雲と拓真で「鬼ごっこ悪魔バテバテ大作戦」で撃退することに。作戦は成功するのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント

40代男性
勉強をするだけしか能の無かった拓真がキスまでは普通にするようになっていてずいぶん変わってきたものです。彼の能力も成長しているようで戦闘でも役に立つようになっているのは驚くことです。イライラする主人公ですが、こうして成長している姿を見るとやはりうれしく感じますね。エロに傾倒しすぎない微妙さがもどかしいですが、バカバカしいながらも見れる作品にはなってきています。

30代女性
七樹のAPがゼロになって戦えない状態なのは残念だけど、他の姉妹の活躍がこれから観られるのは楽しみです。拓真はまだミストルテインが十分に育っていないにもかかわらず、今回の悪魔との戦いで六海と八雲がピンチになったとき、ミストルテインで本を出したのは凄いし、何よりその前にヘタレ返上して立ち上がり、悪魔をぶん殴ったところは感動しました。デートがいつも激しい七樹だけでなく、他の姉妹にも大いなる愛で接しエインヘリアルとしての能力を進化させている拓真は素晴らしいと思います。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第7話〉
『手繰る乙女』

連日悪魔との戦いが続いた拓真と9姉妹。疲れた心身をケアしようと九瑠璃が全自動お医者さんスーツを開発する。拓真がこのスーツを装着し戦恋「お医者さんごっこ」をすることに!!姉妹の診察を無事やり遂げることができるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント

20代男性
流れるようにおいしゃさんごっこに入る天才的導入、乳首に聴診器当てるわズボン下ろしたと思ったら全裸になってるわ、あげくのはてに時間ないからすみっこで検尿しろという投げっぱなし感。天才すぎる30分でした。

30代女性
前半の「お医者さんごっこ」は、拓真の「学園祭での戦いで疲れたヴァルキリーたちを労ってやりたい」という気持ちが先走り過ぎたのが原因で、失敗した感じがします。後半については、三沙は喋り方も容姿もボーイッシュな感じなので、もしかしたらと思っていたら、案の定アースガルズでは同性から言い寄られていたようです。アースガルズでは恋愛経験ゼロだったというのには驚きましたが、それでも五夜に恋愛ノウハウを教えようと1時間2人きり作戦をやったのは妹思いでやさしいと思います。そして、拓真が大量の洗濯物を畳むのが早い理由について、母親を亡くしてからひとりで家事をやって来たからであることを知り、拓真を思い小さなぬいぐるみを渡したのはホッコリしました。学園祭で威力を発揮したお守りみたいに、三沙が戦うときに威力を発揮してくれると有り難いと思います。

40代男性
エロとそうはならないだろうというこの作品の特徴のみが際立った回でした。拓真がありえないぐらいやる気を出して望んだのでこれまでよりもハプニング的要素やきわどい展開が目立ちとりあえずは面白く見れました。敵が出てこなかったので自宅でバカなことをやっていただけですが、このアニメはそれだけでも成立するんだなあと感じました。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第6話〉
『裸の乙女』

ガルムの攻撃により絶対絶命のピンチに陥る拓真だったが、二葉の助けもあり、何とか七樹と合流することに成功する。一方校内では悪魔スヴァジルファリに襲われた姉妹たちが、七樹の到着を待ちながら格闘していた。拓真と七樹は、戦恋「一糸まとわぬ姿で抱き合って濃厚ディープキス5分間」をクリアし、姉妹たちを救うことができるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代女性
今回は二葉さんまで登場して犬飼を倒し、姉妹みんなで力を合わせて戦った感じです。拓真も犬飼の攻撃で身体がちぎれそうになってもミストルテインで復活し、強くなってこれからは頼りがいのある男になってくれそうで期待感が膨らみました。ラグナロクという来たるべき大戦という二葉さんの言葉も気になるし、犬飼の次に現れた邪神派の男の子も次の新たな敵になりそうです。少年という感じだったので、これからは七樹や五夜たちより年少の妹たちの出番が増えるのかなと予想します。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第5話〉
『信じる乙女』

拓真たちの通う学校で学園祭が始まった。戦恋「学園祭デート」は一緒にお店を回れば回るほど経験値が入るボーナスステージ!二葉、三沙、八雲、九瑠璃も参加し、姉妹たちと共に校内を巡る拓真だったが、慣れない人込みに疲れてしまい、一息つこうと一人になったその隙に悪魔に襲われてしまう。絶体絶命の拓真を戦乙女たちは救うことができるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第5話)の動画を視聴したユーザーコメント

40代男性
今回の話は、学園祭での出来事で、レベルアップのボーナスステージっていうことでかなりサービスカットが用意されていました。七樹との進展の雰囲気を打ち壊す琢真の発言、そして、琢真が一人になったのを見越して悪魔が襲い掛かり、ついに琢磨が絶体絶命かって時に二葉が現れ、そこでっていうところで次週に続くという気をもむ回でした。個人的には、それなりに楽しんだのですが、もっと七樹との関係によってもよいのではないかと思いました。

20代男性
“冒頭では八雲の性格が判明し、すごくドSキャラだったので驚きました。相変わらず拓真は女心に鈍感で、確かに自分なんかはという気持ちも分かりますが、
もう少し優しく接してあげてもいいのではないかと感じました。”

20代男性
“学園祭デート編、お色気シーンも多めでしたが、物語がついに大きく動きましたね。
七樹と拓真の関係性がこれからどうなっていくのか、そしてピンチから脱出できるのか。
次回に向けて大きく伏線を張ったように見え、見どころは多い回だったと思います。”
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第4話〉
『奉仕する乙女』

全国模試を受けるも、いつもの緊張で失敗してしまい落ち込む拓真。そんな様子を見て三沙は、勉強の息抜きにと鬼ごっこに誘う。
渋々参加する拓真だったが、その鬼ごっこというのが「パンツを取られたら負け」という驚きのルールだった。さらに、鬼役の二葉は一瞬でパンツを奪い取る強さから「女王陛下」の異名を持つことが判明。果たして姉妹と拓真はパンツを守り切れるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第4話)の動画を視聴したユーザーコメント

20代男性
料理下手のアレンジとか恐怖です、なんか女の子がメインの地球防衛部みたいだなと、フェンリルとか言ってたから中ボスクラスやろ 北欧神話がネタだからどうせロキがラスボスだろうと思います。毎回気楽に見られて楽しいです。

30代男性
“たくまへのドッキリとか七樹のメイド服とかいつもよりも更にやりたい放題な内容な気がしました(笑)。
たくまはコミュ障でどっちかと言えばヘタレ系主人公のように思えたけど、今回の話でいざとなればヒロインを助ける主人公らしい一面もあったんだなっと思いました。”

20代女性
パンツ盗られたら負けの鬼ごっこ。鬼ごっこでパンツって、ヤバイですね。パンツ盗るってことは、絶対に転ばされるのか?って思って見てしまいました。二葉さん、眼鏡かけたら本気ってすごい。でも争っているのはパンツで、真剣なのかなんなのか。でも、ラッキースケベはいつでも発動してました。パンツの女王。パワーワード過ぎて、前半の印象が強い回でした。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第3話〉
『秘密の乙女』

人気急上昇中のアイドル「MUTSUMI」として活動している六海。
拓真とともに「アイドルとデート」の戦恋を実行することに。誰にもバレずに一日中デートをして無事帰宅できれば成功なのだが、デート中にゴシップ好きの悪魔ギャラルホルンが登場し大ピンチに!
無事デートを終えることができるのか!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第3話)の動画を視聴したユーザーコメント

20代男性
六海ちゃん妄想であれやこれやされてるの考えてたり足踏まれてちょっと喜んでたりとかなりMっけあってとても良いですね。あのイっちゃってる顔好き。流れるようにロッカーで密着するテンプレイベントにいくあたりさすがです。

40代男性
主人公もヒロインもわりとポンコツでそれでいて何となく収拾がついているからちょっと不思議な感覚です。3話はアイドルをやっている六海とのデートでしたがコミュ症な主人公の性で毎度のことながらピンチに陥いります。他の作品と比べてお約束の部分は被りますが主人公に全く共感を持たない、そしてバカにすることもない珍しいキャラなのはこの作品で特筆すべきことでしょう。おバカなストーリーで真面目に作っているとは思えない出来ですが、多少の差別化が出来ているので実はそれなりに見れる作品ではあると思います。

20代女性
六海は、幼少期に拓真に似た悪魔に襲われて以来、怯えて生きてきたのがアイドルの仕事をすることで少しずつ自信を持てるようになったのは素晴らしいことだと思います。ただ、そんな経験をしていながらも、拓真を格好良いと思って逆にM的な刺激を感じるところが個性的な心理の戦乙女だと思いました。キスが変身速度が一番速く、胸とか離れるほど時間がかかるのは、広範囲な接触で変身できるということなので、恋愛行為の幅が広がる良いシステムだと思いました。最後は、拓真がお母さんと行ったショッピングモールから見た夕日を懐かしむことができ、六海が望んだ良い思い出ができて良かったです。
〈アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第2話〉
『縛る乙女』

定期試験の結果、生徒会長の五夜は全科目満点の学年1位だったが、拓真は努力の甲斐なく学年最下位に。人間恐怖症のため思うような結果を出せずに落ち込む拓真のもとに校内放送で呼び出しがかかる。向かった視聴覚室で、突如何者かに縛りつけられてしまう拓真。果たしてその正体とは!?

感想コメントはここをクリック

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代女性
“1話も2話も思うけど、なんで悪魔くん学校ではあんなに巨人化して悪役に見えるの?しかも、頭いいし勉強も好きなのに人間恐怖症すぎて実力発揮できず学年最下位って
とことん可哀そうすぎる。レベルアップのためにイチャイチャする系のアニメなんか見たことある気がするけど、生徒会長が4連続ぐらいレベルアップに失敗してたのは面白かった。縛ったら男が喜ぶって考えはM男だけだと思う(笑)”

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
“たまたま録画していた作品だったが見てみると意外と面白かった。
主人公の性格にも共感出来る部分があったり、ヒロインたちもそれぞれ個性があって可愛かった。
これからそれぞれのヒロインについてもっと知ることが出来るエピソードがとても楽しみ。”

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代女性
自分から迫ったのに、実際に触れられそうになったらひっぱたくのが、年相応らしくてよかったです。大人のキスをすると言ってたけど、結局デコチューで満足しちゃった姿は可愛かったです。あと、生徒会メンバーが現れる度にキャラを変えてたのがすごかったです。

『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代女性
最初は面白くないと思っていましたが、思ってた以上に面白かったです。あるとこがきっかけで、人間恐怖症になった主人公亜久津拓真は、1人の少女を助けたことがきっかけで、その少女の家族と1つ屋根の下で暮らすことになりました。これから恋が発展していくのか楽しみです。
<アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』第1話>
『戦うの乙女』

強面な風貌から「アクマ」と呼ばれ、周囲に馴染めない人間恐怖症の高校生亜久津拓真は、一人の少女を助けたことがきっかけで、その少女の9人姉妹と一つ屋根の下で暮らすことに。
その9人姉妹とは恋をするほど強くなる戦乙女(ヴァルキリー)だった。

感想コメントはここをクリック
『戦×恋(ヴァルラヴ)』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
なんだいこれは。また、カワイコちゃんハーレムアニメですか。主人公は自分の家にカワイコちゃんがわんさかいる状況が嫌みたいだけど、追い出せないでいるとか、なんなんだよチクショー。でも、内容は普通なんだよね。