【第1話から全話まで】アニメ『放課後さいころ倶楽部』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『放課後さいころ倶楽部』見逃し動画無料フル視聴

2019年10月2日より放送開始!!

【☆放送情報☆】はコチラ

ABCテレビ
10月2日(水)26:11〜

TOKYO MX
10月3日(木)24:30〜

BS11
10月3日(木)24:30〜

AT-X
10月4日(金)21:30〜
リピート再生
毎週(月)13:30〜/毎週(水)29:30〜

視聴リンク

「放課後さいころ倶楽部」は数多くのアニメ作品を配信しているVOD配信サービス「dアニメストア」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

「dアニメストア」では完全無料視聴が可能!!
初回31日間無料で、無料期間中に解約すれば本当に完全無料で利用が可能☆
解約金なども一切なし☆

↓お得な「dアニメストア」をさらに詳しく!【徹底解説記事】はコチラ↓

第1話 見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴
dアニメストア
その他の<配信情報>はコチラ
dアニメストア 独占先行配信
2019年10月2日より 毎週水曜日27:00~
AbemaTV
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
Amazonプライム・ビデオ
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
J:COMオンデマンド
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
ビデオパス
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
みるプラス
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
ひかりTV
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
FOD
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
GYAO!
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
バンダイチャンネル
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
niconico
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
ビデオマーケット
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
DMM動画
2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
TSUTAYA
TV 2019年10月6日より 毎週日曜日24:00~
U-NEXT
2019年10月7日より 毎週月曜日12:00~
アニメ放題
2019年10月7日より 毎週月曜日12:00~
*放送・配信日時は予告なく変更になる場合がございます。

<検索・動画共有サイト>
YouTube Dailymotion

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

アニメ『放課後さいころ倶楽部』詳細

イントロダクション

ボードゲームは世界中のみんなを笑顔にする!
「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中のボードゲームを題材にしたコミック、『放課後さいころ倶楽部』がアニメ化!

魅力的なボードゲームの世界に引き込まれた女子高生が、ゲームを通して仲間との友情を深め、成長していく青春ストーリー。

キャスト
武笠美姫(CV:宮下早紀)
高屋敷綾(CV:高野麻里佳)
大野翠(CV:富田美憂)
エミーリア(CV:M・A・O)
金城タケル(CV:黒田崇矢)
田上翔太(CV:天﨑滉平)
吉岡龍二(CV:堀江瞬)
牧 京子(CV:松井恵理子)
高屋敷花(CV:東城日沙子)
渋沢 蓮(CV:小岩井ことり)
青島悠人(CV:八代拓)
スタッフ
STAFF
原作:中道裕大
連載:ゲッサン(小学館)
監督:今泉賢一
シリーズ構成:前川淳
キャラクターデザイン:伊部由起子
美術監督:芳賀ひとみ
色彩設計:篠原愛子
撮影監督:佐藤哲平
編集:梅津朋美
アフレコ演出:稲葉順一
ダビング演出:ハマノカズゾウ
音楽:片山修志(Team-MAX)
アニメーション制作:ライデンフィルム

■公式サイト・SNS
公式サイト Twitter

『放課後さいころ倶楽部』のみどころはココ!!

20代男性
放課後さいころ倶楽部はゲッサンで2013年に連載された漫画で、京都のとある高校を舞台にアナログゲームを使って互いに心が通じていく少女たちの姿が描かれています。そんなものが遂に秋アニメとしてtv放送されることとなりました。本作品の魅力はキャラの可愛さととびっきりの楽しい、の表現を描いた作品であるという事です。いつも一人でいて、人付き合いが苦手な主人公が天真爛漫なクラス委員長やドイツの留学生と出会いボードゲームを通じて友情が深まり少しずつ前に進んで行きます。無機質な日常が、特別な毎日に変わっていく様子をみればこちらも幸せな気持ちになる事間違いないです。キャラデザや設定はとても新鮮で目新しいものとなっているため本アニメに期待と注目がかかります。

視聴者からの感想!

〈アニメ『放課後さいころ倶楽部』第1話〉
『これはゴキブリです!』

人付き合いが苦手な武笠美姫は、ボードゲームを通じて高屋敷綾、大野翠と親しくなることができた。ある日の放課後、3人でボードゲームをしようとしていたところに、翠の幼馴染みで、綾の隣の席の田上翔太が教室の入口に…。「忘れ物を取りに来た」と説明する翔太だが、綾に誘われ、ゲームに参加することに…。張り切ってゲームに参加した翔太だったが、なぜかそわそわと落ち着きがない…。それに気がついた美姫の胸に、ある想いが湧く。「もしかしたら、田上くんて…。」

感想コメントはここをクリック
<アニメ『放課後さいころ倶楽部』第1話>
「知らない世界」

いつも引っ込み思案で人付き合いが苦手な武笠美姫は、ある日、天真爛漫なクラスメイト、高屋敷綾に声をかけられ、一緒に知らない場所をさまようことに。そんな奔放な綾に戸惑う美姫だったが、初めて人と一緒にいる温かさを感じる。
帰り道、街でクラス委員長の大野翠を見かけ、あとを追ってみると、「さいころ倶楽部」と書かれたいかがわしい店にたどり着く。美姫と綾が恐る恐るドアを開けてみると、そこには見たこともない数々の美しいボードゲームが彼女たちを待っていた…。

『放課後さいころ倶楽部』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代女性
“クラスの委員長を繁華街で見かけて追っかけたらアナログゲームの専門店って斬新すぎ。
ドイツ中心のゲームだから知らないゲームがいっぱいあって面白そうだしルールをしっかり説明した後に実演しているから自分もしているみたいで面白い。
最後に委員長が「平日は規則違反だから土日ならいいわよ」と言っていたから今後あのお店で店に置いてあるいろんなゲームで遊んでいくお話なのかな?って思いました。”
ネタバレ解説はここをクリック

近日更新!

感想コメントはここをクリック
『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
ボードゲームを販売している店主の体つきおよび頭はなんだよ。お客さんに威圧感しか与えないじゃないか。どうして、あんなごつい体の人間がこんなところでボードゲームを売っているんだよ。彼なら他にもっといい仕事ができそうなんだけど。

『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
このアニメなんか京都を舞台にしたアニメみたいだけどさ、関西弁というの、それとも京都弁っていうの、えらくなまっていてるんだよね。関西の言葉て、似非関西人みたいでなんか違和感しか感じないのは私だけでしょうか。

『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代男性
もうちょっと盤面出してゲームの進行具合見せてくれれば、なんで勝てたのかわかりやすかったのに。あと仲良くなる都合でしょうがないんだろうけど、店長はルール云々より「どう遊ぶか、どう勝つか」を説明してやれよ、客逃がすだけだぞ。

『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

30代女性
“京都が舞台で、美少女がたくさん出てくる楽しい作品だったと思いました。
1話では元気いっぱいの高屋敷綾と正反対の武笠美姫に癒されました。綾のポジティブな考え方と美姫の京都弁は見どころの1つでした。京都の名所がところどころ出てくるのも良かったですね。本当にサイコロ倶楽部なるものがあるように感じさせられました。何やら様々な国のゲームがこれからも出てきそうで楽しみな作品の1つとなりそうです。”

『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

40代女性
「ピンチはチャンス」と使い古された言葉が、ぴったりはまるアニメだと思いました。遊ぶのが苦手で内気な女の子が、友達ができたことでどのように変わっていくのかも、楽しみです。また、これから話数が進んでいくにつれて、どんなボードゲームが出てくるのかも、とても楽しみです。

『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 6

20代男性
京都を舞台にボードゲームを主にした作品で注目していましたが、有名な観光地がたくさん出てきて京都旅行を思い出しました。迷子の定義を考えさせられる機会になって、目的地があるのかどうか、すべてを楽しんじゃえばいいという発想は高校生ならではでよかった。たった1つのボードゲームでも、3人の絆が深まり、支え合っていく友情の姿は見習うべきものがありました。次回以降はどんなゲームが出てくるのか楽しみです。

『放課後さいころ倶楽部』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 7

30代男性
美姫が京都弁をしゃべっているのがかわいらしくて良かったです。翠も生徒会長キャラで一見冷たそうでしたが、泣きついてきた美姫を助けてあげたりテンションが上がって思わず京都弁が出てしまうところがかわいかったです。実際のボードゲームが登場していて面白そうだと思いました。