【第1話から全話まで】『MIX』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『MIX』見逃し動画無料フル視聴

【放送情報】
2019年4月6日(土)より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜17:30~オンエア

視聴リンク

アニメ「MIX」はVOD配信サービス「Hulu」で第1話から全話までフル動画配信予定です!

「Hulu」は完全無料視聴可能!

「Hulu」では初回2週間のトライアル期間中に解約すれば、完全無料で「Hulu」が利用可能に!
解約金などは一切なし!!なので本当に完全無料で視聴できます。

「Hulu」オススメポイント!!

  1. 追加料金、個別課金なし!
  2. 国内ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなど最大【50,000配信作品】が全部見放題!!(Hulu独占配信作品もあり)
  3. 高画質、高音質
    ※継続でご利用されると月々「933円(税抜)」かかります。

↓お得な「Hulu」の【徹底解説記事】はコチラ↓

見逃し動画<検索>

■<公式>1週間以内の場合の視聴(次回放送開始まで無料視聴)

GYAO!

■第1話〜全話までフル視聴

Hulu

■1話ごとに課金(無料視聴回あり)

AmazonPrimeVideo ニコニコ動画

■動画共有サイト検索

9TSU・第1話

<検索・動画共有サイト>
YouTube PandoraTV

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

『MIX』詳細

■イントロダクション

舞台は「タッチ」と同じ「明青学園」。「タッチ」の主人公「上杉達也」の伝説から約30年、今、運命の兄弟が物語の扉を開く・・・親の再婚によって、血は繋がらないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花走一郎」と「立花投馬」は、明青学園・中等部の野球部に所属する中学2年生。走一郎は捕手、打者として活躍。投馬は「ある理由」から三塁手を務めているが、人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。走一郎の実妹で、投馬とは血の繋がらない義理の妹「立花音美」も中学に入学し、2人の周囲はなにやら騒がしい。やがて高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか・・・

キャスト 立花投馬:梶裕貴
立花走一郎:内田雄馬
立花音美:内田真礼
大山春夏:花澤香菜
立花英介:高木渉
立花真弓:井上喜久子
西村勇:中尾隆聖
日髙のり子
スタッフ 原作:あだち充「MIX」(小学館「ゲッサン」連載)
監督:渡部穏寛
シリーズ構成:冨岡淳広
脚本:樋口達人、山田健一、福嶋幸典、北条千夏
キャラクターデザイン:牧孝雄
音楽:住友紀人
アニメーション制作:オー・エル・エム
制作・著作:読売テレビ・小学館集英社プロダクション

■各話タイトルリスト

  • 【第1話】明青のエース
  • 【第2話】おれが兄貴でおまえが弟
  • 【第3話】明青学園なんて
  • 【第4話】交換トレードしてえなァ
  • 【第5話】ピッチャーだろ?
  • 【第6話】春がくれば
  • 【第7話】心配?
  • 【第8話】うちのお兄ちゃん
  • 【第9話】大ニュースでしょ
  • 【第10話】ただの散歩
  • 【第11話】投げてみろ
  • 【第12話】なめてませんか
  • 【第13話】兄弟だから
  • 【第14話】負けてます
  • 【第15話】あの顔が見たくて

■公式サイト・SNS

公式サイト Twitter

【気になる!!】アニメ『MIX』の期待の声

30代女性
あだち充先生の作品が大好きで、MIXもアニメになると聞いてとても楽しみにしています。
進撃の巨人もそうですが、声優の梶さんが好きなので尚更楽しみです!

TVアニメ『MIX』のみどころ

30代女性
“アニメ「MIX」はあだち充先生の明青高校の野球部を舞台にした甲子園を目指す高校球児の物語ですが、そのモチーフは30年前に大ヒットしたあだち充先生の「タッチ」となっています。構成は「タッチ」と同様に親の再婚で兄弟となった2人の野球部員の高校生と、その学校に転校してきた妹と言う3人が織り成す青春ドラマで、当時のファンであれば非常に懐かしいストーリー展開となっているのがポイントです。
当時の「タッチ」のストーリーとは基本的に何の関連性もありませんが、舞台が上杉達也や和也が活躍した明青高校となっているだけに当時のストーリーが昔話として展開してくることもあり、非常に興味深いものとなっています。しかし時代の流れととともに様々な環境も変わっているため、当時にはない思わぬ展開が非常に楽しみなものでもあります。”

視聴者からの感想

『MIX』(最終回 第24話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代女性
高校野球の延長戦が現行のタイブレーク方式をとっていないので違和感があり、主人公チームのバッテリーが優れていて他が足を引っ張る図式がくどくて不快だった。エンディングでは取って付けたように進級して甲子園に出ていて原作の兼ね合いもあるとは思うが人間関係も野球も中途半端でつまらないまま終わってしまった。

『MIX』(最終回 第24話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代女性
最終回。試合は延長戦へ。約30年前の立花父の試合の様子とは対照的になっていた。延長で、体力的にもきつくなっているにも関わらず、投馬の投球フォームはむしろ10回戦目のときよりも良くなっている。相手投手のフォームを試合中であっても勉強してコピーしているのか。

『MIX』(最終回 第24話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
“世代的にタッチの後継漫画で「明青学園」が舞台、これを見たいと思えないわけがないと思います、
やはり野球といてば「あだち充」
「タッチ」「H2」もよかったが本作も負けていない。
作者にはどんどん作ってほしい。今後も期待してます。”

『MIX』(第23話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
“今回も準決勝の熱戦を繰り広げていたのですが、なんとか抑えている投馬に対して一向に隙を見せない三田の白熱した試合展開が魅力的です。一瞬隙を見せましたが、そこからすぐさま立ち直る様子はさすがエースだなと思いました。”

『MIX』(第23話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
かつて妹が話していたことが役に立ったようだ。相手選手の情報を収集しておくことの大切さがよく分かる。相手チームのエース様は化物かと思うくらいに乱れのないピッチング。試合の疲れが出てこないのだろうか?全然関係ないマスコットキャラクターが出てくるなんて。

『MIX』(第23話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代男性
このアニメってタッチが好きだったおっさん層をターゲットにしているアニメなんだろうけど、そういう世代が回顧的に昔を懐かしんでみている作品なんだろうね。私はタッチは漫画でちょっとだけ読んだことがあるけど、これはタッチとは別物だよ。

『MIX』(第23話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代女性
タッチの時代から30年後のその高校はどうなっているという設定で描かれていますが、野球に興味の無い私でも観ていて、少し面白いです。必ずお色気サービスショットを1話につき最低でも1度入れてくるあたり、あだち充さんの作品を観ている気分にさせます。所々コミカルで、飽きにくいので話のテンポとしては心地良いです。

『MIX』(第23話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

20代女性
タッチから30年後の明青学園を描いたMIX。私はタッチを、観たことがないのですが、MIXをみはじめました。観てみたらとても面白かったです。24話は、明青学園対東俊高校の準決勝。どちらが勝つのか楽しみです。明青学園に勝ってほしいです。

もっと感想を見る!

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
投馬がコントロールの良いボールを投げられるようになったのは音美のためだったというエピソードが印象に残りました。普段はふざけている駒が活躍していたのが意外でした。個人的には真弓と渚の母親同士の会話が面白かったです。

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

50代男性
高校野球地区大会は東秀高校との対戦が始まります。併せて小さい頃の投馬と音美のキャッチボール姿が回想されます。音美は土まみれになってもキャッチボールを続けています。対戦は投手戦となっており、0が並んでいます。投馬は1回こそ力を入れた投球を見せますが、2回からはコントロール重視のピッチングです。タイトルの「妹思いなんですよ」はここかなあと感じられました。

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代女性
東秀の三田はやはりここまでの試合で無失点だけあって準決勝における大きな壁だと思った。前回の試合で休んだとはいえ投馬が投手戦をどう乗り切るかが楽しみだと思った。また投馬を舐めていた解説の人がピッチングを見て驚いてたのが見てて気持ちよかった。この調子で余裕こいてる相手監督も驚かせてほしいと思った。

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代女性
明星VS東秀の準決勝戦の最中に出てくる、投馬と音美のキャッチボールの回想シーン。その前に走一郎のけんかのようなキャッチボールをしていたという話の後の「そんな時は必ず」の後にどんな言葉が続いていたのかが、急に回想シーンになってしまって気になった。

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代女性
明星VS東秀。三者三振する投馬。向こうのエースはきちんとその点を理解し、指摘している。監督はその辺分かってなかったのか。解説が東秀びいき。きちんと見て判断してくださいよ。投馬は、三田を抑え込むことができるのか。

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 6

20代男性
今回のMIXは、明青学園と東秀高校の対戦となります。明青の立花投馬と東秀の三田浩樹の投げ合いが見所となっております。また立花投馬のコントロールが良いのは幼少の頃に投馬の妹の立花音美とキャッチボールをした際に、音美が泥だらけにならないようにコントロール精度を上げたという投馬の妹想いの一面が描写されており、今回のMIXのタイトルともなっており見所です。

『MIX』(第22話)の動画を視聴したユーザーコメント 7

40代男性
兄弟の関係性が少しずつ分かってきた。投馬と走一郎が小さい頃はケンカばかり、音美とのキャッチボールが投馬のコントロールの源だったのは正直驚いた。三田との投げ合い、夏の暑さ、これからどうなるのか楽しみです。

『MIX』(第21話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
時々水着のサービスカットがありましたが、それにキャラクターがツッコミを入れているところが面白かったです。今回気になったところは赤井智仁がもしも…と言いかけたセリフは何が言いたかったのかということと、今までも何度か球場に現れていた謎の男が誰なのかということです。

『MIX』(第21話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

40代女性
MIX第21話。もはや完全に様式美になっている夏真っ盛り!女の子の水着姿も盛りだくさん!の回。いやあ、まさにあだち充の真骨頂ですね。一応野球漫画でもあるので、明青学園がついに強敵東秀と準々決勝で激突というワクワクする場合で続くになってます。水着だの何だのではぐらかしつつも試合の行方がどうなるか、おいそれとは読めない辺りはさすが!と言ったところでしょうか。

『MIX』(第21話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
いつになく試合にシリアス感がある。相手チームの選手が足をつってしまったようだ。メタ発言するでない監督。視聴者サービスが過ぎる。走一郎に怒られるぞ、アニメの方の監督。硬派な顔して犬が苦手とは、かわいい一面もあるのね。

『MIX』(第21話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代女性
エースの投馬を温存しての試合では最後は運の勝利のようになっていたけれど、先輩たちの頑張りが伝わってきたように思う。投馬と赤井の会話はライバルという感じがよく伝わってきて良かった。解説の人などからも安定の扱いをされている西村が面白かった。

『MIX』(第20話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
こんなに勝ち進むとは思っていなかった監督は投馬の連投で肩を休めないといけないと考えて試合にはピッチャーでは参加することになりました。不安はありましたが、走一郎のリードのおかげで試合は順調に進みますが不安が消えたわけではないので気が抜けないので次回が気になります。

『MIX』(第20話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
投馬と春香が見に行った滝がなくなるとか。それについて何の感慨も示さない投馬。それが春香には不満なようだ。鈍いなぁ投ちゃん。走一郎の矢印は分かりやすく出ていたが、ここへきてまさかなと春香の矢印が分かったかもしれない。

『MIX』(第20話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代男性
投馬が試合で投げさせてもらえなかったのがとてもビックリしました。試合が緊張感のある試合でいい勝負をしているのが面白くてよかったです。お父さんが変装がバレて音美が一緒に試合を見ているのがとても仲良しだなと思います。

『MIX』(第19話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

40代男性
夏の甲子園地区予選、ノーヒットノーランをピッチングを成し遂げた立花投馬、次の試合は際どいコースをボールと審判に判定され、ファールになりそうな打球がヒットになり「なんだなんだ」とぐちります。そんな投馬に立花走一郎はマウンドにかけより「そう思っているのは相手も同じ4安打にファーボールで点に繋がっていない。今日の相手はコツコツ当てるのが上手い相手、だが少々の甘いコースを長打できる相手ではないよ」と走一郎が言い、これに投馬が「そうミーティングで春夏ちゃんがいっていたよな」そう言うと走一郎は「えっ?ブラウスのボタンがハズレはだけそうになって手で押さえていたときか?」そう言って投馬は呆れた顔になったところに私はクスリ走一郎も普通の高校生の男子だなと納得してしまいました。

『MIX』(第19話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
入道雲がパンチの姿とは?兄弟でも比べられるのは嫌なものだ。自分は自分として見てほしいから。母校の後輩くんが本気になっちゃったかと思ったが、本当のところはどうだろう。本人は否定していたが、もしかしたらもしかするかもしれない。

『MIX』(第18話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代女性
あだち充特有のモテる男女はちやほやされて脇役は道化の役回りばかりでうんざりする。あと話に関係ないいとうあさこが毎回登場するのも不快である。彼らの関係性が動き出す時が話が面白くなる時なのでしばらく静観しようと思う。

『MIX』(第18話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
娘が辛辣すぎる。監督が形無しだ。大雨の中、音美ちゃんは友達とボーリングへ。デートかと思いきや他にも人がいた。何で居るんだ、イガグリ坊主。音美ちゃん、空気読めなさすぎで、相手の男の子が可哀そうになってくる。

『MIX』(第17話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

50代男性
“走一郎とはるかの闊達なやり取りが面白かったです。
はるかちゃんのはきはきした物言いがとても魅力的でした。
投馬と走一郎が本当の兄弟ではないとは言え、バッテリーを組み活躍していくのがとても楽しみです。
走一郎の妹の音美ちゃんも可愛らしいですね。
彼女が言った『2人はとても似ているね』の言葉に頷きました。”

『MIX』(第17話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
敵情視察に行った走一郎と春香。いつも女子にモテモテの走一郎だが、春香とはいがみ合ってばかりという珍しい状況。意中の相手には自分の思いは届かない。走一郎と投馬の関係性の変化から同じようになるだろうと確信しているけど、走一郎の思いが春香に通じ合うのはいつだろうか?

30代女性
あだち充キャラとは思えないキャラクターが出てきた。なんだ、あのゆるキャラ(みたいなの)は。春香がライバル高校の偵察中にケガをしてしまう。治るまでの間、野球部のマネージャーを務めることに。音美にライバル心燃やし過ぎな茶髪。暖簾に腕押しじゃなかろうか。
40代男性
令和になっても安定のあだち充作品だけあって安心して観られるアニメだと思います。超人気作「タッチ」の舞台でもある明青学園で、数十年後の世界が楽しめます。あだち充先生特有のご都合展開で明青野球部に臨時マネージャーが誕生したのはいつものことだと昔からのあだち充ファンなので軽く笑ってしまいました。
20代男性
“ライバル校の一角を占める健丈高校との一戦ながら、展開を急ぐ故か、前半は飛ばしすぎのきらいを感じた。
あるいは試合佳境でのクリーンナップとの対戦が四球続きだったため、そう思われたのかも知れない。
燃え始めた轟に兄弟仲が一筋縄で行かなさそうな赤井と、健丈高校も見所のあるキャラクターが揃っており、再登場が楽しみだ。”
30代男性
“ライバル校の一角を占める健丈高校との一戦ながら、展開を急ぐ故か、前半は飛ばしすぎのきらいを感じた。
あるいは試合佳境でのクリーンナップとの対戦が四球続きだったため、そう思われたのかも知れない。
燃え始めた轟に兄弟仲が一筋縄で行かなさそうな赤井と、健丈高校も見所のあるキャラクターが揃っており、再登場が楽しみだ。”
20代男性
“タッチの明青学園が物語の舞台だが、
自分はタッチを見たことがありません。
しかし、タッチを見ていなくても
十分楽しめるアニメになっていると思います。
H2やクロスゲーム同様、野球に恋愛に全力投球。
あだち充はやっぱり最高です。”

20代男性
タッチとは似ている点もあるが、MIXならではの明青学園野球部のストーリーが描かれていて、野球漫画としてだけでなく、学園ものとしても楽しめる作品になっていると思います。個人的にはとうまの恋愛がどう進んでいくのかとても楽しみです。

30代男性
“あだち充先生の新作でタッチの舞台になった明青学園のその後がテーマとなってて、昔を思い起こさせるようなシーンがたくさん詰まっています。それに個性的なキャラクターがたくさんいてひとりひとりが豊に描かれているのが特徴です。主人公を中心にいろいろなキャラクターが出ていて楽しく見れる作品となってます。
恋愛要素が入ってそうな、そんな含みを持たせた表現も魅力的です。”
40代女性
明青高校VS健丈高校の一回戦の最中で健丈のエースと明青のエース立花投馬との投手戦で授業中の妹・音美の声援を受けて打席の投馬がホームランを打てば健丈も4番の赤井が逆転の2ランホームランを打つなど白熱の試合展開が面白いです。随所で「タッチ」の懐かしさもあって楽しみながら見ています。

30代男性
MIXは、あだち充先生の作品タッチから約30年後の話で設定は甲子園どころか試合に勝つ事すら難しい高校になってしまった明青高校でしたが、そこに立花兄弟が入ります。立花兄弟は義理兄弟ですが、ピッチャーの投馬キャッチャーの走一郎のバッテリーで甲子園目指します。タッチに出てきたキャラも出てくるのでそこが見どころです。
20代男性
“元がタッチの30年後なので、試合の展開がタッチと同じようなかんじ。兄弟バッテリーがどうなるか楽しみ。だが、高校野球にある、意外な展開もあるのでみていてハラハラする。声優も有名なキャストなので、まだまだ、これからの展開が楽しみ。