【第1話から全話まで】2019年夏放送『グランベルム』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】2019年夏放送『グランベルム』見逃し動画無料フル視聴

【放送情報】

2019年夏7月、放送開始!(日程はわかり次第更新します。)

視聴リンク

アニメ『グランベルム』は人気アニメ作品多く配信しているVOD配信「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信予定です。

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • アニメ作品はもちろんのこと、国内外のドラマや映画、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画作品が配信中!その中の【9万本】は見放題!!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります。

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

見逃し動画<検索>

■第1話〜全話までフル視聴(個別課金の場合もあり)

dアニメ U-NEXT AmazonPrimeVideo ニコニコ動画 あにてれ ひかりTV

■動画共有サイト検索

YouTube PandoraTV
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

『グランベルム』詳細

■イントロダクション

世界中の魔力が消失してから1000年近くの時間が過ぎ、
すでに魔法は人々の記憶からもすっかり忘れられていた。

そんな世界で生きる明るく元気な高校生、小日向満月は
前向きに暮らしながらも、心のどこかに不安を抱えていた。

自分には何もない――。

勉強も運動も得意ではない彼女は、自分だけにできる“何か”に憧れていた。

夜空の月がやけに大きく感じられた満月の晩。
彼女はもうひとりの月の名を持つ少女、新月エルネスタ深海と出会う。
それは魔法人形“アルマノクス”との遭遇でもあった。
満月の運命の歯車が、軋んだ音を立てて今動き始める――。

【出典:公式HP『グランベルム』

キャスト 小日向満月:島袋美由利
新月エルネスタ深海:種﨑敦美
アンナ・フーゴ:日笠陽子
林寧々:久保ユリカ
スタッフ 原作:ProjectGRANBELM
監督:渡邊政治
シリーズ構成:花田十輝
キャラクター原案:大塚真一郎
プロデュース:infinite
アニメーション制作:Nexus

■公式サイト・SNS

公式サイト Twitter

視聴者からの見どころコメント☆

30代男性
「グランベルム」は、少女たちがロボットにのって対戦するアニメです。アルマノクスと呼ばれるデフォルト型のロボットは、搭乗者の心が形になった魔法人形で自身の分身でもあります。世界で唯一の魔術師になるためには満月の夜に開催されるバトルに勝ち進まなければならない。少女たちのバトルはもちろん見逃せませんが、主人公の劣等感を抱えた平凡な女子高生が自分に自信をつけ、成長していく物語でもあります。主人公だけでなく7人のそれぞれの女の子がいろんな問題で悩み、多少の主従関係も受け入れながらバトルを通じて人間的にも成長していく物語です。知らず知らずのうちに自分とにている部分がある女の子を応援したくなってしまうストーリーです。

■帝一くんの一言メモ

帝一くん
人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の渡邊政治さん×大塚真一郎さんタッグで、シリーズ構成に花田十輝さん、アニメーション制作にNexusを迎えた新作オリジナルアニメ『グランベルム』が、2019年夏予定で放送開始となります!魔法ロボ系アニメ!!ビジュアルポスターに機体のビジュアルが出ていますね〜。美少女アニメだけに、ロボのフォルムも可愛いのでロボット系アニメが苦手なかたも「グランベルム」なら見られちゃうかも?!

主人公の少女たちが操る、魔法人形“アルマノクス”

視聴者からの感想☆

『グランベルム』(episode.7)の動画を視聴したユーザーコメント 1

50代男性
“アニメ・グランベルム、のアラスジデス・過去に魔法が存在した世界・日常生活送りつつも、内心退屈な思い描いていた、女子高生小日向、ある満月の夜、魔力もつ魔実師になり
プリンスになれる戦闘のばにでて、グランベルの存在に築く、ロボット操る、初めての戦闘に勝利する。すごくいい作品だと思います。”

『グランベルム』(episode.7)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代男性
望まないのに才能をもってしまった新月と望んでいるのに才能を持たなかったアンナの壮絶な戦いに心を震わされました。アンナ役の日笠陽子さんの演技にも圧倒されました。子供の頃はすごく仲が良かったのになぜこうなってしまったのだろうかと、観終わった後はなんとも切ない気持ちになってしまいました。

『グランベルム』(episode.6)の動画を視聴したユーザーコメント 1

50代男性
“何となく和気藹々と日常している主人公と敵手たちは、一人を除いて最終的に和解できそうな予感を感じさせてます。
しかし、アンナと新月の因縁が明らかになり、収まるかと思いきや、エンディングで”どんでん反し”なところは素晴らしい!
恩讐愛憎入り交じる二人の間に展開される”ストーカー戦”は決着が楽しみです。”

『グランベルム』(episode.6)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代男性
水晶が本性を出し始めてきているなと思いました。色々と悪い事を企んでいそうな予感がします。アンナは最初から観ていると新月を逆恨みしてつけ狙っていて、あまり良い印象を持っていなかったのですが、今回の話を観て少しかわいそうに思ってしまいました。

『グランベルム』(episode.6)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
戦いに負けても死なないことが分かって良かったです。アンナと新月の確執が明らかになって、アンナが爽やかに新月の健闘を口にしたのに、エンディング後突然邪悪に笑う姿が出てきてびっくりしました。手首から血を流してたのはアンナのお母さんだと思いますが、アンナが歪むだけ歪んできていて心配になりました。

もっと感想を見る!

『グランベルム』(episode.5)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
ジーグァンロンが変形したのがかっこよかったです。寧々は個人的に好きなキャラだったのでグランベルムから脱落してしまったのは残念です。水晶は悠木碧さんが演じられているので後にラスボス的な立ち位置になるんじゃないかという予感がしています。ホワイトリリーのダークサイドな感じのパワーも気になります。

『グランベルム』(episode.5)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
アルマノクスを変形させて接近戦にも向く機能に変えた矢先、寧々が敗北してしまって驚いた。満月が暴走したのは周囲と噛み合わない自分の姿を寧々の母が去る寂しい記憶によって呼び起こされたのかと思いましたが、負けても勝ってもどちらの表情も暗いのが気になります。

『グランベルム』(episode.5)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代男性
今回は最初から戦闘シーンのオンパレードとなり、乱戦模様の経緯も見応えがあることながら、自分で決めたこととはいえ戦闘に身を置くことへの実感を肌感覚で痛感させられたり、寧々の過去に触れたのは満月の能力なのか?敗北者の記憶が共鳴して闇が増しそうな展開が恐ろしいですね。

『グランベルム』(episode.4)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代女性
主要なアルマノクスが全て登場してそれぞれの特性が分かってきました。寧々は実年齢はもう少し上なのかなと思いました。まだそれぞれが闘う理由が少しずつしか明らかにはなっていないので、早く知りたいです。今回全く登場しなかったロサはどんな再登場を遂げるのかも気になります。

『グランベルム』(episode.4)の動画を視聴したユーザーコメント 2

40代男性
魔術師である少女たちの駆け引きが見ものの回であった。敵の情報を知るために、相手の懐に入り込んで、互いの戦力を見極めようと、ちょっとしたしぐさや気配などを感じ取ろうと努力していた。それにしても、このアニメは、画像がとてもきれいだなあ。

『グランベルム』(episode.4)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
自分には何もないという満月が少し悲しかったですが、思いに反応して花が咲き乱れるシーンはきれいで感動しました。どうして石が現れたのか、新月と同じような魔術が使えたのかが不思議です。新月が悪魔とされる理由も気になります。

『グランベルム』(episode.4)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代女性
魔法で咲かせた花に向かって「すごい…」と言った満月に対し「咲くべき時に咲かず運命を狂わされた」と返す新月のセリフにハッとさせられました。あってはならない事を可能にし、存在しないことすらあった事に…と続き、自分がいかに浅はかなのか?と胸が苦しくなりました。

『グランベルム』(episode.4)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代男性
グランベルムの戦いのルールが明かされる所謂説明回で、個人的にはバトルロイヤル方式が仮面ライダー龍騎を思い出し、今回もその一辺がありましたが、以降も更にシリアス度が増していきそうな予感がしました(主人公の子も結構抱えてる闇大きいし)。