【第1話から全話まで】アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』見逃し動画無料フル視聴

第2クール目 10月6日より、放送開始!!

【☆放送情報☆】はコチラ

TOKYO MX:10月6日(日)より毎週日曜24:00~
BS11:10月6日(日)より毎週日曜24:00~
MBS:10月8日(火)より毎週火曜26:30~
AT-X:10月6日(日)より毎週日曜24:00~

視聴リンク

アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』は人気アニメ作品多く配信しているVOD配信「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信予定です。

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
!!初回31日間無料!!
さらに
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!

↓「U-NEXT」をさらに詳しく☆【徹底解説記事】はコチラ↓

第1話 見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴

U-NEXT
<配信情報>はコチラ
dTV/Amazonプライム・ビデオ/AbemaTV/ニコニコ生放送/
ニコニコチャンネル/Amazonプライム・ビデオ/dアニメストア/
dアニメストア ニコニコ支店/dアニメストア for Prime Video/
Google Play/YouTube/GYAO!ストア/GYAO!/FOD/
HAPPY!動画/Hulu/J:COMオンデマンド/ビデオパス/
みるプラス/Tver(MBS動画イズム)/MBS動画イズム/
NETFLIX/Play Station Video/Rakuten TV/TSUTAYA TV/
VIDEX/あにてれ/アニメ放題/U-NEXT/ゲオTV/
バンダイチャンネル/ビデオマーケット/ひかりTV/
ふらっと動画/ムービーフルPlus

<検索・動画共有サイト>
YouTube

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』詳細

イントロダクション

かつて妖精は、“兵器”だった―。
この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す妖精が存在していた。
妖精が憑依した動物の臓器を摘出し、人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。
妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。
だが、長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を果たし、行き場を失ってしまう。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに、
それぞれの生きる道を選択していった。

戦争から9年の歳月が経つ。
未だ不安定な政治情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ犯罪者が現れ、
復讐のためテロを起こすようになっていた。
主人公の少女マーリヤは、ある事件に関わった事から妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関『ドロテア』に入隊することとなる。

これは、無秩序な戦後に抗い、それぞれの正義を求め戦う
『妖精兵』たちの物語―。

キャスト

マーリヤ・ノエル /市ノ瀬加那
フリー・アンダーバー/ 前野智昭
ヴェロニカ・ソーン /福原綾香
ウルフラン・ロウ/ 細谷佳正
クラーラ・キセナリア/ 諏訪彩花
セルジュ・トーヴァ /中島ヨシキ
ネイン・アウラー/ 園崎未恵
ダミアン・カルメ /子安武人
マルコ・ベルウッド /大塚芳忠

スタッフ 原作/ Five fairy scholars
監督 /鈴木健一
シリーズ構成・脚本 /十文字青
キャラクター原案・妖精原案 /中田春彌
アニメーション制作 /P.A.WORKS

■公式サイト・SNS
公式サイト Twitter

『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』のみどころはココ!!

20代男性
アニメ「Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)」では、幼なじみとの絆に変化があるのかどうかがポイントです。忘れられない美しい想い出ですが、現実には戦闘のなかでのクールな態度が印象的でした。「戦争は終わった」という結末でしたが、決着はついていません。戦争ではなく決着をつけるための出来事が発生すると思われますが、果たしてハービーエンドになるのでしょうか。アニメならではの映像美が素晴らしいのですが、何回も観ることで小説のような重厚さも感じられます。人間の心の闇も、あますことなく描かれているので、主人公たちの心が美しいままでいられるのか、それとも現実との妥協で変化する要素があるのも、注目ポイントです。

視聴者からの感想!

〈アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』第18話〉
『踊るネズミと折れた角』

ドロテアの活躍により〝黒の三〟〝黒の六〟が妖精省の手に渡る。残るはグイ・カーリンの四大幹部最後のひとり、イージェイの所持する〝黒の九〟のみ。潜伏先へと向かうフリー、マーリヤらは意気込む。 だがイージェイは、独自の研究により〝培養型妖精兵〟を生み出していた。

感想コメントはここをクリック

『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』(第18話)の動画を視聴したユーザーコメント

40代男性
ドロテアの活躍でグイ・カーリン関係者を逮捕し成果を挙げます。そして問題のイージェイの居城にに突入します。量産型妖精兵を投入しドロテア部隊に立ちはだかるイージェイ。マーリヤ達が見事に撃退に成功。もっと苦戦すると思ったのですが意外と弱かったですね。そしてイージェイとフリーの一騎打ち。しばらく活躍で傷不振だったフリーが復活したかのような鋭い動きで見事に勝利。これで解決したと思いきやまだまだ混沌が続くようです。

40代女性
内通者がどの部署にいてもおかしくないという事を、はっきりと言ったオープニングだったと思います。黒の9がどこにあって、誰が持っているのかも分かっていて、いろいろな人たちが動き出しているのが、見応えがありました。イージェイの不敵な笑いが怖かったです。培養型妖精兵という新しいものが出てきた事によって、どんな風に戦いが進むのかが楽しみでしたが、案外早く終わってしまって残念でした。フリーを助けたマーリヤはかっこよかったです。
〈アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』第17話〉
『砂の上の天秤』

かくて〝黒の九〟を含む黒の妖精書三部がグイ・カーリンの手に渡り、六部が妖精省の管理下となった。九つ揃った時、そこに何があるのか。ヴェロニカの過去を知るダミアンに、マーリヤは反発するが、彼は更なる危険な勢力の存在を示唆する。 フリーは、スウィーティとの司法取引により容疑者リストを入手、グイ・カーリンを本格的にあぶり出し壊滅する作戦にでるが、組織の手は政府内にも伸びていた

感想コメントはここをクリック

『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』(第17話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代女性
そもそも、妖精書とはいったい何なのか?この物語の根幹となるものについてようやく言及された。黒の妖精書が問題になるが、本来ならば存在していないものらしい。今回は、いつも作画の評価が高い方のPA.worksにしては、作画が怪しいところがあった。いつもはカッコいい所長の顔が、今回はやばかった。
〈アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』第16話〉
『笑いころげるトンビ』

国内唯一の貿易拠点ベイルンの船島で大量の禁制品と共に、黒の妖精書〝黒の九〟が発見された。確保へ向かうマーリヤたち。一方で妖精学者ダミアンとヴェロニカ、さらにスウィーティーとパトリシアの二人も船島へと集結。三大マフィアの一つ『グイ・カーリン』幹部のイージェイを交え、三つどもえの戦いとなる。

感想コメントはここをクリック

『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』(第16話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代女性
あんなクラシックカーごときで、そこまでのドライビングテクニックを披露できるほどの性能をあの車は持っているのだろうか。というよりか、そこまでスピードを出すことができたのだろうか。その辺が気になって仕方がない。
〈アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』第15話〉
『裏町の草ひき』

ディーゼの反乱の影には常にウルフランの暗躍があった。結局はそれら全てを裏切り、果たして男は何を目的に動いているのか。 事後処理で、ひたすらに反乱者の捜査と摘発の日々が続くドロテアの面々。マーリヤは自責の念にかられながらも職務にあたる。そんな中フリーは、ディーゼに内通したと思われる元王族、クリストフ・ラーンの存在にまでたどり着く。

感想コメントはここをクリック

『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』(第15話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代女性
局長は、オオカミみたいな雰囲気があって以前からかっこいいと思っている。主人公たちはアーケイム潰しに取り掛かることに。みんなして、連日の任務でお疲れちゃんのようだ。次の任務に支障がなければいいけれど、大丈夫だろうか。

40代女性
“正直この作品、作画はきれいだし、、ストーリーはしっかりと構成されているし、音楽もおしゃれだし、何より2クールもとって居るのに何故?こんなに面白く無いのでしょ?不思議に思います。
この作品のスタッフさん達は、物語はキャラクターが魅力的で無いとつまらないって事気づかないのでしょうか?
何故?キャラクターの背景や心情をもっと分かりやすくスポットを当ててあげないのでしょうか?
誰一人魅力のあるキャラクターが居ない作品はどんなにきれいな絵でも、凄い物語でも、面白く無いです。
正直何故2クールもやってるのか?不思議です。”
〈アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』第14話〉
『歯車が止まる城』

皇帝を救ったレイ・ドーンが領地へ戻ることになった。ドロテアはレイ・ドーンの警護を命じられるが、マーリヤは複雑な胸中を隠せない。ヴェロニカも護送中のレイ・ドーンを尾行して、復讐の機会を窺っていた。その途上、橋が爆破され一行は足止めを喰らい、古城で一泊することになる。レイ・ドーンに近付くウルフラン、そしてヴェロニカ。マーリヤとフリーは彼らと再び対峙する。

感想コメントはここをクリック

『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』(第14話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代女性
ヴェロニカと話す機会ができてもわかりあえないと言うか、譲れないと言うか。ヴェロニカにとっては、失ったものが多すぎて一人いるくらいじゃ足りないし、それでは満足できないんだよな。悲しいですね。追いかける側のマーニヤとしても、復讐することで過去に縛られてほしくないけど、気持ちはわかるし、難しい!
<アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』第13話>
『雨音の罪と白雪の罰』

大きな傷跡を残した「ディーゼの反乱」。
皇帝の前にたどり着いたディーゼの前に立ちはだかり、その野望を阻止したレイ・ドーン。『救国の英雄』の胸に去来するのは十二年前にマーリヤとヴェロニカ、そして自らの故郷スーナを焼いた苦い記憶──。

感想コメントはここをクリック
『Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)』(第13話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代女性
今回は一期の続きなのでしょうが、一期では断片的にしかやらなかった主人公の子供のころのお話をやりました。ただ、このような過去回想というのはそれを回想しないと現在の物語の何かと整合性がとれないのでやる場合がほとんどなので、これからこのアニメも過去となにか大きなつながりがあるのかもしれません。”

40代女性
“Fairy gone フェアリーゴーン
今までよくわからなかった妖精について、すこし分かった気がしました。マーリヤとヴェルの別れのシーンまでに、どのようなことがあったのかが、やっと分かりました。幼い時のマーリヤの境遇を知ることによって、今までの彼女の行動や心情を思い返すきっかけになり、今後どのように正義を貫いていくのかが楽しみになりました。”