空挺ドラゴンズ(アニメ)【第1話から最終回】見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『空挺ドラゴンズ』見逃し動画無料フル視聴

この記事では2020年冬アニメ「 空挺ドラゴンズ」の動画を無料で視聴する方法をご紹介しています。

「good!アフタヌーン」にて連載中の桑原太矩先生による「空挺ドラゴンズ」
アニメーション制作は、ポリゴン・ピクチュアズが担当。
「シドニアの騎士」「BLAME!」のスタッフが再集結し、圧倒的なハイファンタジーの世界を魅せる。

2020年1月8日(水)よりフジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55から放送開始!

その他各局の放送情報

関西テレビ/東海テレビ/テレビ西日本/北海道文化放送/BSフジ

※放送時間は変更になる場合がございます。

視聴リンク

第1話 見逃し動画リンク

■第1話〜全話までフル視聴
NETFLIX独占配信!
1月9日(木)より日本先行全話一挙配信☆

<検索・動画共有サイト>
YouTube

その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、AniTube(アニチューブ)などでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

各話見逃し動画リンク&視聴者からの感想

〈アニメ『空挺ドラゴンズ』第3話〉
最速TV放送日:2020年1月22日(水)
『光る龍と』

捕龍船といえども、龍と戦ってばかりではない。空の上にも平時の職務はある。見張り台の当番をしていたジローは、天測で雲行きが怪しいことに気がついた。そんなこととは知らず、非番の者は賭けに興じたり、二日酔いでへばったり、古くなった龍の肉を燻製にしたりと、自由きままに過ごしていた。しかし、船の責任者と会計士は頭を抱えていた。このまま龍が捕れなければ大赤字!! しかもジローの見立て通り、船の前方には嵐を伴う巨大な雲が迫りくるのだった!!

感想コメントはここをクリック

『空挺ドラゴンズ』(第3話)の動画を視聴したユーザーコメント

50代男性
賭け事したり、燻製つくったり、洗濯したり、嵐に遭遇したりと、空挺生活は退屈しませんね。今回は「光る竜」を嵐の中で見ることができるかどうかという話でしたが、竜が現れた時は「なんて綺麗なんだ!」と私も感激しました。【番組評価…★★★★★(5)】

50代男性
光る竜、やっぱり実在しましたね!本当に空挺を導いているかのような飛び方で、とても幻想的で感動しました。今回も作画の美しさに圧倒されましたよ。ちなみにヴァナベルさんのCVが花澤香菜さんだったのがとてもうれしかったです!【番組評価…★★★★★(5)】

30代男性
楽しい空の仕事ではあるが、風呂に入る間もないくらいきつい。そんな状況で、乙女のタキタが自分の髪の臭いを気にする描写が印象的でした。同じく女性のヴァナベルの髪の匂いも気にするタキタの女性的な部分が見れたのには萌えました。【番組評価…★★★★★(5)】

30代男性
ジローの昔語が印象的でした。だらしない父親から聞いた腹が光るドラゴンの伝説をずっと信じていたのは純粋だと思いました。雷が落ちる中、光るドラゴンが見れた後半シーンは美しい画でした。ジローの爽やかな想い出をたどる物語展開は見ていて気持ち良いものでした。【番組評価…★★★★★(5)】

40代男性
洗濯したり賭け事やったり平和な一日が本当に楽しそうで船の旅も楽しそうだなって思いました。光る龍とかロマンがあって素敵だし本当に会えたら最高ですよね。嵐に巻き込まれて危機一髪の所に光る龍が現れて綺麗でしたね、ミカや経理の人は捕獲しようと言いますが嵐の中じゃ無理でしたね、そんな美味しそうに見えるのかな。無事に嵐を抜けて一息ついたけど食料がないのが残念ですね、早く龍に会ってカッコ良く捕獲して欲しいです。【番組評価…★★★★(4)】
3話は食事パートが燻製ということで、お休みといっていい回。その代わり、光る龍と巨大嵐の演出は、まさにポリゴン・ピクチュアズならではの映像表現だった。もうこの回だけでポリゴン・ピクチュアズが制作を担当した価値がある。【番組評価…★★★★★(5)】
〈アニメ『空挺ドラゴンズ』第2話〉
最速TV放送日:2020年1月15日(水)
『賞金と極小龍の悪魔風』

クィン・ザザ号に乗り込んでから3ヶ月経ち、新人のタキタも少しずつ仕事に慣れてきた。そんな彼女が甲板でひとり風に当たっていると、手すりに奇妙な鳥が。……いや、違う。龍だ! 鳥のような小ささでも龍は龍。捕まえればかなりの儲けに違いない!! タキタは甲板から船内へと紛れ込んだ龍を密かに捕獲しようと奮闘する。しかし、なかなか見つけられずにいるうち、ギブスが何者かに襲われ負傷。事態は船全体を巻き込んだ、大騒動へと発展する。

感想コメントはここをクリック

『空挺ドラゴンズ』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代男性
“絵柄的にはラピュタとナウシカを足したような印象でした。
極小龍、20億の価値があるのにちゃっかり料理して食べてしまいましたが(笑)、龍にしては口の開き方がかなり不気味だったので、食べられる方になったのがなんともという感じでした(笑)。”【番組評価…★★★(3)】

50代男性
今回初見です。主人公のタキタちゃんの声、めちゃくちゃ好みなので1話見なかったことを後悔しています。天真爛漫な性格なので、借金していようがドラゴンに襲われようがへっちゃらなところがすごい!彼女がいるだけで、場が明るくなりますね。【番組評価…★★★★★(5)】

40代男性
クィン・ザザ号の皆は狩った竜の油を精製するので大忙しですね、こういう普通の仕事ぶりを見るのも楽しいですね。タキタが休憩で甲板に出ると小さい竜がいて可愛かった、船内に潜り込んじゃうしギプスが噛まれちゃって大変。捕まえて食べちゃた時は可哀想だなって思ったけど、出来上がった料理は美味しそうでした。何だかんだと仲が良い船員達が微笑ましかったですね。【番組評価…★★★★(4)】

50代男性
ドラゴンを捕まえて売ってお金にしている世界って、今まで見たことなかったので新鮮で面白いです。空挺という舞台で話が進んでいくというのも夢がありますね。主人公タキタも可愛いし、これからの展開も期待しています。あと、ドラゴン食べたくなりました!【番組評価…★★★★★(5)】

50代男性
ドラゴンの肉って美味しいんですかね?ものすごくレアなドラゴンで、20億もするみたいですが、空挺のみんなで美味しくいただいちゃったというところが笑えました。タキタちゃん、早く借金返せると良いですね。でも空挺は降りないで欲しい!【番組評価…★★★★★(5)】
〈アニメ『空挺ドラゴンズ』第1話〉
最速TV放送日:2020年1月8日(水)
『クィン・ザザ号』

捕らえた龍を解体し、それを売って、旅をする……今はその数も少なくなった、現役の捕龍船クィン・ザザ号。新人のタキタは、ミカ達ベテラン船員の鮮やかな龍捕おろちとりを目の当たりにし息を飲む。その後、一行は早速近くのまちに降りて龍の肉や油を人々に売り捌く。久々の地上で、船員たちはほっと一息。だがそれも束の間、新たな龍が現れ、隣市となりまちが危険との情報が! やがて遭遇した龍は、クィン・ザザ号に対してやけに好戦的な態度を示す。その理由とは……?

感想コメントはここをクリック

『空挺ドラゴンズ』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント

30代男性
いつもは、ぼんやりしている飛空艇クルーのミカが、竜を料理するときにはハキハキ喋って元気なのが面白かったです。可愛いヒロインの髪のにおいを平気で嗅ぐという遠慮のなさもみせますが、あのやりとりに少しドキリともしました。キャラクターの会話劇も楽しめました。【番組評価…★★★★★(5)】

20代男性
ポリゴンでハイファンタジーってローニャ以来なのではという感じだけど、めちゃめちゃ進化がすごいな。クィンザザ号の作り込みも良い感じだし、なにより飯が美味しそう 太矩さんの絵ってアニメにするとバランス崩れやすそうなのに綺麗なままなのキャラデザが上手いです。【番組評価…★★★★★(5)】

20代男性
ミカのキャラクターがとても個性的で普段はヌボーっとしているのにいざドラゴンが現れたら人一倍輝くところがいいですね。そして何よりドラゴンのことは誰よりも詳しくて頼りになるだから周りのみんなもミカを頼りにしているのがいい感じです。【番組評価…★★★★(4)】

40代男性
空にいる龍を狩って商売している流れの捕鯨船のやつらの話で、最初から個々のキャラクターが際立っていて面白かったです。ミカが龍の肉を焼くシーンは涎が出るほど美味しそうで、龍を狩るのは罪悪感みたいなものがあったけど吹っ飛んでしまいました。ただ俺達はカタギじゃないって言ってたのが気になって皆の事がもっと知りたくなりました。画的にシドニアの時より少し柔らかくなったような気がします、龍の動きはしなやかで綺麗でした。【番組評価…★★★★★(5)】

40代男性
“主人公であるミカは龍捕りをして生活していた。
しかも捕龍船に乗って生活している。
龍を捕らえる時の止めがミカが龍の所にまで下りてるのだから命がけである。
まだ新人のタキタはミカのさぼりに巻き込まれている。
ただ龍捕りは地上の町の住人から歓迎されていない職種のようでもある。
この先、どのような展開になるのだろうか。”【番組評価…★★★★(4)】

アニメ『空挺ドラゴンズ』詳細

ストーリー

空の覇者、龍<ドラゴン>。

その存在は多くの地上の人々にとっては脅威・災害であり、
同時に薬や油、そして食用としての価値がある“宝の山”でもあった。

そんな龍<ドラゴン>を狩る存在がいた。
捕龍船を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする。

彼らは「龍捕り」。
これはその中の一艇“クィン・ザザ号”とそのクルー達の物語である。

キャスト ミカ:前野智昭
タキタ:雨宮 天
ジロー:斉藤壮馬
ヴァナベル:花澤香菜
ギブス:諏訪部順一
クロッコ:関 智一
ニコ:櫻井孝宏
バーコ:鳥海浩輔
カペラ:釘宮理恵
スタッフ 原作:桑原太矩「空挺ドラゴンズ」
(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:吉平”Tady”直弘
シリーズ構成・脚本:上江洲 誠
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
制作:空挺ドラゴンズ製作委員会

■公式サイト・SNS
公式サイト Twitter

『空挺ドラゴンズ』のみどころはココ!!

50代男性
ストーリーに出てくるドラゴンは、捕らえられた後に必ず料理として出されるのですが、一番の見どころであるシーンはその料理描写でしょう。漫画ではとても丁寧に描かれていて、料理中も臨場感があり美味しそうに見えたので、それがアニメではどれほど再現できているかが期待されます。また、ドラゴンの肉以外は、現実にある玉ねぎなどの食材を使っているため、漫画にある料理レシピがアニメでも登場すれば、肉を牛肉などに置き換えてそのまま料理が作れそうです。ですから、料理好きな人には必見のアニメになるでしょう。さらに、ドラゴンの捕獲シーンはかなりの緊張感があり、料理を食べるほのぼのとしたシーンとの差が面白いです。見ている人は絶対に引き込まれていく事でしょう。