【第1話から全話まで】2019年夏アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』見逃し動画無料フル視聴☆

【第1話から全話まで】『荒ぶる季節の乙女どもよ。』見逃し動画無料フル視聴

【放送情報】2019年7月MBS/TBS/BS-TBS ”アニメイズム”枠にて放送開始

視聴リンク

アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は人気アニメ作品多く配信しているVOD配信「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信予定です。

「U-NEXT(ユーネクスト)」は完全無料で視聴が可能です!
初回31日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!☆
今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント中!

「U-NEXT」オススメポイント!

  • アニメ作品はもちろんのこと、国内外のドラマや映画、バラエティなどレンタル作品も含め、最大【14万本】の動画作品が配信中!その中の【9万本】は見放題!!
  • 動画だけじゃない!漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!(雑誌70冊は読み放題!)
  • 継続特典で1200円相当のポイントが【無料】プレゼント!
    ※「U-NEXT」は継続料金で月々「1990円(税抜)」かかります。

↓お得な「U-NEXT」の【徹底解説記事】はコチラ↓

見逃し動画<検索>

■第1話〜全話までフル視聴
U-NEXT FOD dアニメ dTV ビデオパス

■動画共有サイト検索
YouTube PandoraTV Dailymotion 9TSU

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』詳細

■イントロダクション

高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人。

「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、
部員の一人が投じたある一言……。

その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

キャスト 小野寺和紗:河野ひより
菅原新菜:安済知佳
須藤百々子:麻倉もも
本郷ひと葉:黒沢ともよ
曾根崎り香:上坂すみれ
典元泉:土屋神葉
スタッフ 原作・岡田麿里/漫画・絵本奈央『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:安藤真裕、塚田拓郎
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン:石井かおり
アニメーション制作:Lay-duce

■タイトルリスト

  • 【第1話】豚汁の味
  • 【第2話】えすいばつ

■公式サイト・SNS

公式サイト Twitter

アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』みどころ

30代女性
アニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は、別冊少年マガジンで連載されているアニメの脚本家が原作を、また別の作品を手がけたクリエイターが作画を担当するなど話題になっているアニメです。ストーリーは5人の女子高生が性に振り回され、悩む様子が展開されるものです。ハリーポッターなどの洋書や日本文学を愛読する文芸部員が、あるとき性のことで考えさせられる描写があったことをきっかけに、さまざまな性についての論議が始まります。年齢が16、7歳の多感な女子高校生で、少しのことにも敏感なことは間違いなく、ましてや内面から女性らしくなってくる年代ですから、心と体のアンバランス性を自覚、不安・違和感を持ち戸惑いながらも未来や各個人の将来について考え、語っていく心理描写の部分が本アニメの最大の見どころです。

視聴者からの感想

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の動画を視聴したユーザーコメント 

20代男性
このアニメは終盤こけたました。それまではありえることを描いていましたが、どういうわけか話が進めば進むほど非現実的な行動になっていく作品でした。この作品にリアリティーを求めてしまった私が間違いなのでしょうか。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の動画を視聴したユーザーコメント 

20代男性
キャラクターデザインは好きじゃなかったけれども内容がよかったから見ていたけれど、途中から内容もひどくなってしまったので、そのせいでキャラクターのデザインが耐え切れなくなってしまいました。内容も大事だけどやっぱりキャラクターデザインは大事です。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
このアニメは終盤になってからいきなり壊れてしまた。それまでは、ありうることをやっていたが、最後に来てドラマチックにありえないことをきめてきた。もう、アニメとして崩壊もいいところです。ありえないことばかりやるのは他でやって欲しいといいたい。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
「ああ、こういう終らせ方で終らされるのか。」とため息が出るような終わりかたでした。子供ができて中退してしまう生徒だ出たところの辺りからこのアニメは終っていたのかもしれません。そのような特異な現象のアニメ見たくなかったです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代男性
このアニメのいいところが最後の方ですべてなかったことにされるような終わり方でした。どうして、こうもハチャメチャな終り方をしたのでしょうか。私はもっと広がりのある話しだと思っていただけに残念でなりません。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代男性
結局このアニメの作者の力がなかったからこのような終わり方になったんだなと思うと、なんとなく分かる気がします。それと、ミロ先生は立派な教員だったかもしれないけど、ミロ先生の言ったことに納得してしまう生徒って随分幼稚だと思った。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

20代男性
ほとんどリアリティーのない校長や教頭、それにあの学校の教員。なんと投げやりのアニメなんだろうか。彼らの行動原理がアニメじみています。やはり、このような作品でも所詮はアニメ、アンパンマンと一緒だと思って見たほうがいいですね。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(最終回 第12話)の動画を視聴したユーザーコメント 6

20代男性
このアニメはアニメにしては随分とリアリティーがあると思ってみていましたが、所詮は荒唐無稽なことをやりまくり魔法ものアニメと全く同じだということが分かりました。登場人物のご都合主義のアニメはもうたくさんです。

もっと感想を見る!!

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
たぶん、この作品は深夜アニメなんかにするよりも、実写ドラマにしたほうが視聴率をとれるような気がする。このような見ていると胸が苦しくなるようなアニメはアニメ愛好家は見たいとは思っていない。しかし、おもしろいから見るんだけどね。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代女性
まさか立てこもりをするとは……。塀の向こうでっていう言葉が重い。ミロ先生はちゃんと言ってくれたけど、おい教頭……見せしめって、そういう風に話しているのを第3者に聞かれたら一発アウトだぞ。校長も強くでんかい!

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代女性
さらば、えっちいパンツ。タイトルからしてやばいと思ってたけど、まさか部長が退学処分になるなんて……誰が密告したんだろう?おんなじようにホテル街に行ってた人だよね?部長のお母さん、本当部長のお母さんって感じがする(語彙力)。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代男性
いろいろな噂が先生方に広まり、ついに男女交際禁止令が出されてしまい、荒ぶる乙女たちが果敢に反攻する姿はとてもカッコイイものでした。絆が結ばれたり、裏切られたりと、思春期ならではの女子高生たちの交友関係は難しいものです。和紗と泉はいい方向へ向かってほしいものです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代女性
曽根崎部長と接点があったクラスメイトが妊娠していたことを発覚したため、退学になってしまった。あんな結果になったのに、それでも本郷は諦めないと言ってきた。怖い。また菅原氏は挑発するようなことを言う。かわいそうな三枝。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第11話)の動画を視聴したユーザーコメント 6

20代女性
男女の恋愛関係が明るみになった文化祭の後、本郷さんの机の中にクッキーが入っていたことからはじまりました。クッキーを入れたその子は「妊娠していたため」という理由で退学処分となってしまいました。文芸部の人たちの恋愛観が分かってきたところでのこの処遇はキツイな!と思いながら見ていました。そして、全校集会が急遽開かれ、「男女交際禁止」ということになってしまいます。また、菅原さんはかつての師と密会し、子供の自分を大人にしてほしいと頼みます。そして同時に本郷さんが退学処分になるかもしれないと!…文芸部員たちは知恵を出してどうやって本郷さんを助けるのでしょう。そして、菅原さんはどうなるのか楽しみです

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
色々と衝撃的な展開が多かった回でした。個人的には一番普通だと思っていた百々子が新菜に告白したり、悟に対して感情をむき出しにしたりと今まで見られなかった一面が見えたので驚きました。「嫌いな男に触れたところを消毒してもらいたい」というセリフもとても印象に残りました。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第10話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
和沙はいったい何を見ているのか。あいかわらず妄想が激しい。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ、を地でいっている。菅原氏も本郷も考えていることがおかしいぞ。全然赤信号にならないのだが。本郷の慌てっぷりは初めてかもしれない。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代女性
泉と恋人関係になった和沙。この平穏がいつまで続くのか怖い。菅原氏が何をしでかしてくるか分からないから余計怖い。開き直った曽根崎部長は強いし、惚気もひどい。そんな時でもミロ先生の分析は冷静沈着でそうですねと言いたくなる。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

40代男性
いよいよ物語が佳境に差し掛かる中で、泉をめぐって和紗と新菜との三角関係がハッキリしてきたことが前回の流れであったが、今回は新菜は泉とセックスがしたいことを百々子にも公言して友人との関係性よりもセックスが重要であることを伝えた。あらためてこの作品が他の作品と一線を画す部分はしっかり真面目に皆が自分の存在と向き合う中でセックスを意識しそれを大切にして公言する部分あるなと感じた。女子が性欲を正々堂々と正門から公言し、かつそれが床の間に飾ってあるような作品は滅多にない。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代男性
波乱の展開を予感させるような内容だったと思います。恋人関係になった和紗と泉が家で二人きりになるシーンが微笑ましかったのと、り香が文芸部の面々になんやかんや言われながらも今までと真逆の男子に対する主張をしているところが面白かったです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第9話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代男性
性をテーマにしたアニメというのをこの作品で初めて見ました。恋をしたい、セックスをしたいとただ言っているだけだと最初は思いました。しかし、最近は高校生なりの視点で見た彼女なりの性の考えがだんだん理解できるようになり、恋愛をするいろはを学んでいく言動に注目しています。泉と和紗、ひと葉と山岸、新菜と三枝などそれぞれの関係の発展も楽しみです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
このアニメの「あらぶる」ってようは盛のついた動物だぞってことだよね。しかも、このアニメに登場する人たちって妙に気持ち悪いというか、自意識過剰なんだよね。だから、登場人物にちっとも魅力を感じないんだよね。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
文化祭開催。やかん3つもどうやって運べというのだ菅原氏よ。もーちんの強情さに負けた杉本君。いつも空気を押し付けるようなフレンドリーさで近寄ってくるのに、さすがに空気を読んだか。朗読劇での大番狂わせ。まさかとは思っていたけど、そこでそうくるか。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代女性
部長の恋がどうなるか……って、悪い意味でドキドキハラハラしてたんだけど、これなら大丈夫そう!!良かった~。そしてまさかの伝説を自分の力で証明するという。でもミロ先生たちの方は、一体どうなることやら。まあ、社会的には犯罪にならない人の方がいいけどね、相手は。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代女性
ミロ先生と一緒にいた女の先生、まさか前ミロ先生が言ってた「一人すごく喜んでくれた人」なのかな?わざわざそういうセリフを残したんだから、その可能性はありそう。勘違い彼氏君は、なんというか、まあ、しょうがないよねっていう結果だったね。あれはしゃーない。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

20代女性
最近(?)男性陣が被害に遭ってないな~って思ってたら、何、予告に「きゅっ!」っていうのがあるんだけど。なにこれ?ビンの蓋開けた音とかではない可能性とかもあるの?(←頭が侵されてる)。そして、とうとうやってくれたな、新菜!

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第8話)の動画を視聴したユーザーコメント 6

20代女性
新菜と泉、両想いおめでと――!……なんだけど、なんだろう、素直に万歳ができない。なんだか怖い。ギャルの子の彼氏がまさか、あんなに真面目な見た目なんて、想像してなかった……。いやあ、あれは部長でなくても驚く。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
曾根崎は男ができて浮かれすぎている。それと反対にももこは男うざくてあまり好きではない。しかし、曾根崎はいつもの曾根崎だ。かずさ、風呂に長く入りすぎていつもの空回り、こいつらもうだめだって私は思うけど、どうなんだろうね。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代男性
かずさが合宿でいずみのために購入した電車のキーホルダーを隣の家のイズミ私のを窓から投げるシーンがあったけどさ、あんな大事なものを窓から投げるとかちょっとどうかなって思うのは私だけではないはず。ちょっといろいろ芝居がかってきた。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

50代男性
このアニメ作品は、荒ぶる季節の乙女どもよ。ですが人物の小野寺、高校の文芸部に入部して、純文学ばかりで、戸惑いながら男女交際の潔癖症もあり、このことに関して、中々触れる事もできず、ある日美少女菅原と出会い個性的なので、性的意識し始める、声かけることなく楽しい高校生活送る話です。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

20代女性
ま、まさかの……三角関係ィ~(byクララ)。こんなにおっぱいを連呼する作品とは思わなかったな~もちろんいい意味で。枕投げ楽しそう。部長の恋は順調だと思ってたけど、なんだか怪しいな……。でも、あの時すぐに先生に朗読の時間ききにいったのって、もしかして一緒に周る時間を作るためだったり?だったらはっきり言わないと~!

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 5

30代女性
曽根崎部長の乙女の顔はわりかし気持ち悪い。もーちんが入ってきた瞬間の身の変わりようがひどすぎる。人と比べてしまうのは思春期であればなおさら気になることだ。菅原氏が珍しく強情な面を見せて、本気を感じさせる。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第7話)の動画を視聴したユーザーコメント 6

20代女性
枕投げで許可を取りに行くっていうのは……まあ、礼儀正しいか!しかし、本当あのメガネ(※ミロ先生ではない)、ロリコ……ゲフンゲフン。あの200円多く払うのをおごりと考えてる勘違い彼氏君(?)はあんまり出てこなかったけど……もしかして次回あたり来るのかな?

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
こじらせ系の女子高生の内面をこれでもかこれでもかという風に表現しているというコンセプトでつくされたアニメのような気がしますが、顧問の先生の両親がペンション経営ってちょっと都合がよすぎませんかね。って思ってしまいます。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代女性
かずさは、親友と泉との関係を勘違いしたままかずさも、こちら側としてもモヤモヤした気持ちのままでの今回でした。そして、学校の青春行事の一つである、文化祭が始まってしまうのですが、かずさ意外にも、りかや先生たちもどうなるのか全く予想ができず、ドキドキしてやっぱり面白かったです!先の話が早く観たくてたまりません!

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代女性
まさかの合宿回とは。そしてお風呂回~。そうだぞ!お風呂でタオルを巻いてはいるのはマナー違反なんだぞ!(だから取ろう……え、変な狙いとかはないですよ?)エロい小説を書くのは回避できたみたいだけど、もうあそこまで考えてたらピュアな話は無理だよなあ。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第6話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

30代女性
曽根崎部長の計画が壮大だ。自分の恋愛を隠すために、周りをカップルだらけにしようだなんて。後夜祭に注文を付ける投書した人物の性格がゆがみ過ぎていないか?発想が斜め上だろ。どうして、そこからそこへ繋がっていくのか。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第5話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
このアニメはところどころに作画が悪くなっているんだよね。今回の教師の腕時計とか登場人物の引いた横顔とかさ。話の内容はおもしろいにもかかわらず、そういうところがちょっとだめなんだよね。なんとかならないかね。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第5話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
今回ちょっと作画が崩れがち。特に引きの画面。菅原が所属している劇団の指導者・三枝が気持ち悪い。ナイスロリコン。須藤に出来た新しい男友達が、これまたいい具合にずれている。須藤からキモイと言われるのも是非もないと思う。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第4話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
り香が駿から受け取った作文に突っ込みながらも、これまで受けた傷つく言葉から解放されている場面や、百々子が昔同じクラスだった男子とカラオケを抜け出して話している場面は青春全開という感じでジーンとしました。菅原氏の本意が分からないので動向が気になります。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第4話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
この作品は日本のどこにでもいそうな、しかし、どこにもいない女子高生の典型を集めて作り変えたような作品で、見ている人は、「こういうのあるよね。」という心境で見ているのだと思う。キャラクターデザインは好みではないけれども話しはそれなりです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第4話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代男性
今週の放送はもう部長の曾根崎さんの印象しか残っていません。中学生時代可愛くないなどと言われていた曾根崎さんが髪を切ってコンタクトを入れてイメージチェンジをした事にクラスメイトが騒然とするその姿を見た天城君が告白をしてくる内容が何とも言えずこの二人が今後どのようになっていくのかが楽しみです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第3話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代女性
素直になれない曽根崎さん。甘い雰囲気になるかと思いきや、それを自らぶち壊しに行くとは心臓が強い。文芸部の顧問になった先生に対してあそこまで強気に出れるとは、本郷さんは恐ろしい子。でもその直後の様子はやはり、まだまだ初心な一介の女子高生だ。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第3話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
泉が和紗を含む他の誰ともエッチなことをしたいと思っているわけではないと言ったのは和紗を変な風に見ていないと必死にアピールをしたかっただけだと思いますが、和紗は思わず泣いて逃げてしまったのが切なかったです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第3話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
主人公・かずさの勘違いっぷりにもひどいものがある。性的なものに考えが支配され過ぎだ。文芸部の顧問を見つけないと廃部の危機。しかし、破廉恥な本ばかりを読んでいる文芸部の顧問になってくれる奇特な教師はなかなか見つからない。やっと見つかった国語教師のあたふたっぷりが面白い。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

20代男性
2話目をみました。漫画でいつも読ませていただいているのですが声優さんを通してアニメで見るのは違いました。お股がかゆいーなどアニメで放送してもらえるのかと思ったことも普通に放送されていて原作そのままで見ることができました。特に性行為のことをえすいばつと言ったり、そのままスタンスを変えずに放送していってほしいです。3話も楽しみにしてます。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

20代女性
キャラデザが好みで見始めましたが、女の子たちの性の目覚めの話です。これからどうなっていくのかなあという期待もありつつ、第1話で和紗ちゃんがブルーハーツのTRAINの曲に乗せて走っていくシーンはめちゃくちゃ面白かったです。あと絵が綺麗でした

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

30代女性
エスイーバツのことを真剣に考える女子高生達の姿が変にいやらしくなくどたばたしているのがいいです。駿と崎り香が水場で話すシーンと、ラストで和紗が泉のことが好きと気づくシーンがまさに青春という感じでよかったです。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第2話)の動画を視聴したユーザーコメント 4

40代女性
バカにされ泣いていた曾根崎さんのもとへやってきた天城が「やっぱ当たり!やっぱ可愛いわ!」と言われたやり取りにキュンキュンしました。放課後の部活でセックスの別の言い方を出し合っている時の親父ギャグに吹き出してしまいました。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 1

30代男性
ある意味衝撃的な展開の第一話で最後にあのような終わり方をすれば二話目以降がすごく気になる話でした。思春期のこのようなテーマはとりわけ男子目線で描かれることが多く女子目線で描かれているのがすごく珍しいアニメだと思いました。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 2

30代女性
第1話終盤で、幼なじみの自慰行為を見てしまった和紗。第2話も冒頭から飛ばしており、面白い。第1話であったオープニング冒頭の語りは第2話では無くなっていた。ちょっと残念である。委員長タイプの子が暴走しまくっていて、これまた面白い。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(第1話)の動画を視聴したユーザーコメント 3

20代女性
一話と同じく二話もぶっ飛んでいたなと思いました。思春期の女子、男子が赤裸々に描かれているのに、見ていて痛快で面白い。自分の思春期の頃をつい思い出しました。これからも彼女たちには走り続けていてほしいです。